松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
地域お役立ちコラム

愛媛県伊予郡松前町の名産のげんこつ飴!インプラント後に良い食べ物とNGの食べ物は?

2018/03/26
投稿者:かまくら歯科

げんこつ飴は、値段がリーズナブルで、素朴な味わいが人気の和菓子です。愛媛インプラントクリニックかまくら歯科がある愛媛県伊予郡松前町でも、銘菓世起が長年に渡り、げんこつ飴を作り続けています。今回は、そのげんこつ飴の紹介と、げんこつ飴のような歯にねばつく食べ物はNGとされる「インプラント」についてご紹介します。また、インプラント後のNGな食べ物についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

全国菓子大博覧会でも認められた愛媛県伊予郡松前町の銘菓世起のげんこつ飴!

全国菓子大博覧会でも認められた愛媛県伊予郡松前町の銘菓世起のげんこつ飴!
愛媛県伊予郡松前町を代表する銘菓世起は、1970年に観光地向け玩具卸業として創業し、同50年から40年以上に渡り、げんこつ飴を作り続けてきました。2002年には「黒ごまきな粉げんこつ飴」が、2008年には「黒ごまきな粉もち」「黒ごまきな粉ちぎり草もち」が、2013年には「きびだんご」が、それぞれ全国菓子大博覧会で金賞を受賞し、「黒ごまきな粉げんこつ飴」に関しては2013年に名誉総裁賞も受賞しています。

愛媛県伊予郡松前町の銘菓世起の「げんこつ飴」は素朴な味わいのスイーツの逸品!

愛媛県伊予郡松前町の銘菓世起では、「昔懐かし日本のお菓子文化を伝承・発展させます」「美しく食べる楽しみを提供します」「時代の変化に対応し共に学び成長します」の3点を経営方針とし、商品開発部を設けて、創業以来新しい製品を生み続けてきました。材料には厳選したごまと大豆を使い、近年は看板商品のげんこつ飴を無添加にするなど、安全と健康を十分考慮した商品は、素朴な中にも上品な味わいがあって人気です。商品は愛媛県内をはじめ、関西方面や関東の成城石井でも販売しており、通信販売も行っています。

株式会社世起

〒791-3131愛媛県伊予郡松前町北川原1240-1
電話:089-984-6658
HP:http://www.seiki-net.co.jp/

げんこつ飴はもともと岐阜県飛騨地方の駄菓子ですが現在は各地で生産販売!

げんこつ飴は、大豆を原料にしたきな粉や、裸麦を原料にした麦こがしを、水あめや溶かした砂糖で練り上げかためた、岐阜県飛騨地方原産の素朴な駄菓子です。直径1.5センチほどの棒状にして2㎝ほどの食べやすいサイズに切り、練る際の混ぜものや仕上げのまぶしものにより、様々なバリエ―ションが作れます。飛騨地方では古くから一般的に食され、愛知県犬山市の特産でもあり、全国でも広く販売される代表的な駄菓子の一つです。

愛媛県伊予郡松前町の銘菓世起の「げんこつ飴」にはどんな種類があるの?

愛媛県伊予郡松前町の銘菓世起の「げんこつ飴」にはどんな種類があるの?
愛媛県伊予郡松前町の銘菓世起では、日夜商品開発を重ね、様々なバリエーションのげんこつ飴を製造販売しています。全国菓子大博覧会で名誉総裁賞も受賞した定番商品の「黒ごまきな粉げんこつ飴」180g 324円をはじめ、ピリ辛味の「黒ごまきな粉しょうがげんこつ飴」170g 324円、駄菓子の原点でもある「きなこ棒」1箱30個入り648円などが人気です。げんこつ飴のほかにも、草餅などの餅、駄菓子やふりかけなどもリーズナブルな値段で各種販売しています。

インプラントは「第3の歯」ともいわれる義歯!

インプラントは人工歯根ともいい、失った歯の代わりにねじのインプラントを骨に埋め込み、その上にかぶせ歯をのせる、「第3の歯」ともいえる義歯です。一般的に広く行われる治療法ですが、費用が高く時間もかかるうえ、「骨にねじを埋め込んで大丈夫なの?」と心配する人も少なくありません。

インプラント治療の時間や経費はどのくらいかかるのか?

もちろん、ねじの素材のチタンは歯になじみ問題ありませんし、現在もより歯にやさしい開発がされています。費用は平均して1本35~45万円くらいに、定期的なメンテナンスもかかり、決して安くはありません。ただ、長く自分の歯のように使えることを考えれば高いとはいえないでしょう。期間は約2~6ヶ月ですが、骨まで犯されている場合などは1年以上かかることもあります。詳細は、最新のインプラント技術を有する、愛媛インプラントクリニックかまくら歯科にご相談ください。

げんこつ飴は健康によいが、歯にはりつくためインプラント後には向かない

げんこつ飴は健康によいが、歯にはりつくためインプラント後には向かない
愛媛県伊予郡松前町の銘菓世起の定番商品、「黒ごまきな粉げんこつ飴」の材料は、大豆と黒ごまです。大豆はイソフラボンが含まれ、骨粗鬆症、更年期障害、がんなどに効き、黒ごまに含まれるアントシアニンは、歯も含んだ体の各部分の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、様々な病気の防止になります。ところが、げんこつ飴はかたく歯にはりつくため、インプラント手術後の歯茎が落ち着いていない段階では、できれば食べない方が賢明でしょう。

インプラント後におすすめできないNGの食べ物!

インプラント手術後に、げんこつ飴や煎餅のような固い食べ物のほかに、刺激の強い食べ物もNGです。刺激の強い香辛料使ったカレーやスナック菓子などや、強い酸味がある酢やレモン、柑橘類などはその典型であり、傷口の痛みや腫れの原因になる、甘いお菓子なども避けた方がよいでしょう。また、熱すぎたり冷たすぎたりするものも歯茎を傷めるため、適温に冷ました食べ物がおすすめです。当然、たばこやアルコールは避けてください。

インプラント後の歯によい食べ物と注意する点!

インプラント手術直後の麻酔が切れるまでの3、4時間は、傷が開く可能性があるため、できるだけ食事は避けてください。また、手術後半年ぐらいはまだインプラントが安定していないので、やわらかく刺激も多くない豆腐やお粥、味が濃くないスープやうどんがおすすめ。
もう少し経ち、インプラントが安定してきた頃には、カルシウム助けを歯や骨を生成する、ミネラルやビタミン、亜鉛、鉄などを含んだ食品を食べるようにしましょう。また、手術後は細菌に感染しやすいので、傷が収まったように思えても、処方された薬は必ず飲むようにしてください。歯ブラシも、手術の後を傷つける可能性がありますので、あまり強く磨かないようにしましょう。

まとめ

今回は、愛媛県伊予郡松前町を代表する銘菓世起のげんこつ飴をご紹介しました。まt、あげんこつ飴のようなかたい食べ物や、刺激が強い食べ物は、インプラント手術後にはNGであることもお分かりいただけたかと思います。インプラントに関しては、愛媛県伊予郡松前町のインプラントクリニックかまくら歯科にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る