松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
地域お役立ちコラム

「坊ちゃん」作者の夏目漱石はスイーツ男子だった!甘いものを食べた後の正しい歯のケア

2018/06/04
投稿者:かまくら歯科

四国 、愛媛県松山市には、数多くの観光スポットがあります。例えば、温泉施設や神社などです。特に神社の数は多く、四国八十八ヶ所参りをするために、この地を訪れる人も少なくありません。小説家として有名な夏目漱石も、松山市に魅了された歴史上の人物です。
夏目漱石は、1892年に正岡子規と松山市に観光で訪れたことが伝えられています。また、その後には英語教師として松山市の中学校に赴任しているため、松山市は夏目漱石のゆかりの地と言っても過言ではないでしょう。今回は、松山市にある夏目漱石のゆかりのスポットについて、そして、甘いものが好きだった夏目漱石についてもご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

夏目漱石のゆかりのスポットについて

夏目漱石のゆかりのスポットについて
夏目漱石 が残した有名な小説に「坊ちゃん」がありますが、実は「坊ちゃん」も松山市を舞台に書かれた本です。そのため、夏目漱石ゆかりのスポットはたくさんあります。
例えば、松山中学校です。松山中学校は、夏目漱石が英語教師として赴任した中学校です。勤めていた期間は1年ですが、ゆかりのスポットになっています。戦後はその名前を変えて、松山東高校となっています。
そのほかのゆかりの地は、道後温泉です。松山市の観光スポットとなっており、とても有名な温泉施設です。夏目漱石が書いた「坊ちゃん」の中で、「住田の温泉」が登場しますが、この「住田の温泉」は道後温泉のことで、夏目漱石ゆかりのスポットとなっています。
そのほかにも、子規堂 は夏目漱石ゆかりのスポットとして伝えられています。子規堂は、正岡子規が17歳まで過ごした家で、それを修復して復元された記念館です。一見、夏目漱石と関係がなさそうですが、夏目漱石と正岡子規は、一緒に旅行で松山市に訪れており、さらに、子規堂の近くには坊ちゃん列車もあるため、ゆかりのスポットとなっています。

子規堂

〒790-0023 愛媛県松山市末広町16-3正宗寺内
電話:089-945-0400
営業時間:9:00〜17:00
休館日:年中無休   
ホームページ:http://shikido.ehime.jp

先程少し触れましたが、坊ちゃん列車 も夏目漱石ゆかりのスポットです。坊ちゃん列車は、実際に乗ることもできます。乗り場 は、道後温泉、松山市駅、JR松山駅前、大街道、古町です。また、坊ちゃん列車ミュージアム もあるので、興味がある人は利用してみてはいかがでしょうか。

坊ちゃん列車ミュージアム

〒790-0012 愛媛県松山市湊町四丁目4-1
伊予鉄道本社ビル1階
電話:089-948-3290
開館時間:8:30〜21:00(平日)
閉館日:土日祝   
ホームページ:http://www.iyotetsu.co.jp/museum/

実は夏目漱石はスイーツ男子?

「坊ちゃん」で有名な夏目漱石ですが、実は甘いものが好きだったということをご存知でしょうか。甘いものは、現代でも多くの人に食べられていますが、食べ物の中でも比較的虫歯 になりやすいと言われています。
その理由は、糖分です。虫歯は、酸が原因となって発生します。甘いものを食べると糖分を虫歯菌が吸収することになりますが、糖分の吸収によって、お口の中で酸が増加します。そのため、糖分が多く含まれる甘いものは虫歯になりやすいのです。
しかし、決して甘いものを食べてはいけないということではありません。愛媛インプラントクリニックかまくら歯科では、甘いものを食べることを禁止するのではなく、虫歯リスクを減らすように努めることをおすすめしています。では、実際にどのような方法があるのでしょうか。

虫歯リスクを減らす甘いものの食べ方

虫歯リスクを減らす甘いものの食べ方
甘いもの を食べたら、できるだけ歯磨きをすることです。歯磨きをすることで、歯にくっついた汚れを取り除くことができるため、虫歯になりづらいです。また、酸の発生も抑制できます。歯磨き粉にはフッ素を含むものを選択します。また、職場など歯磨きができない場所では、スイーツを食べた後にうがいをすることで、虫歯リスクを減らすことができるでしょう。
そのほかにも、虫歯になりやすい食べ物を控えることです。スイーツの中には虫歯になりやすいものと、そうでないものがあります。特に虫歯リスクが高くなる甘いものは、ドロップやガム、キャラメルです。ほかの甘いものに比べて糖分を多く含むため、虫歯リスクが高くなります。一方で、せんべいやクラッカーは砂糖が少なく、歯にくっつきにくいものなので、虫歯リスクが低いのです。虫歯リスクを減らしたい人は、虫歯になりにくい甘いものをチョイスするようにしましょう。
甘いもの をお口の中にずっと入れておかないことも、虫歯リスクを減少させる方法のひとつです。甘いものを間食する人も多いですが、お口の中に甘いものが長時間あると、お口の状態は長い間酸性が強くなります。酸は虫歯の原因になるので、虫歯リスクが高くなるのです。そのため、長時間かけてお菓子を食べたり、ジュースを飲んだりせずに、短時間で召し上がることをおすすめします。

まとめ

夏目漱石のように、スイーツが好きな松山市民は、日常のセルフケアに加えて、歯医者さんを利用することをおすすめします。愛媛インプラントクリニックかまくら歯科では虫歯治療も扱っていますので、虫歯リスクを減らしたい人は予約をしてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る