松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
地域お役立ちコラム

インプラント治療中に妊娠発覚!松前町の「妊婦歯科健康診査」で相談しよう!

2018/06/11
投稿者:かまくら歯科

愛媛県松前町では様々な取り組みがされていますが、その中でも力を入れているのが妊婦歯科健康診査です。今回は、松前町で行われている妊婦歯科健康診査の受診方法や回数、費用などをご紹介するとともに、妊娠中の歯のトラブルとインプラント治療中に妊娠してしまった場合の対処方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

松前町の妊婦歯科健康診査とは

松前町の妊婦歯科健康診査とは
妊娠 が確認でき場合は、母子健康手帳をつくるために一般健康検査を行うことになりますが、産婦人科を受診して妊娠届出書をもらったら、まずは松前町の総合福祉センター2階の健康課保険センター係へ足を運んでください。ここでは、母子健康手帳を作成することになりますが、その他にも妊婦歯科健康診査についての案内もしてくれます。
妊娠中は体や生活が今までとは変わるので、虫歯や歯周病になりやすくなります。自分自身でのケアも必要ですが、体調が悪くなって毎日のケアができない人もいます。妊娠している人のお口の健康を守るためにも、松前町では妊娠中に1回歯医者で無料の検診を受けられる「妊婦歯科健康診査」を行っています。
妊娠中でも快適な生活を送るためには、みんなの協力が必要なので、妊娠中にお口の健康のことで悩んでいる方は、妊婦歯科健康診査を受けるようにしましょう。

妊婦歯科健康診査受診票の使用について

妊婦 の健康と生まれてくる赤ちゃんの健康のために、松前町では妊婦一般健康診査受診票と妊婦歯科健康診査受診票の2通を交付しています。ここでは、詳細な情報についてご説明します。
妊婦歯科健康診査受診票の使用についてですが、基本的には妊娠安定期の5〜8か月を目安に医療機関で予約の電話をし、妊婦歯科健康診査受診票と母子健康手帳を持って愛媛インプラントクリニックかまくら歯科に足を運んでください。
妊婦によっては、「余計な費用はかけられない」と歯医者を受診しない方もいますが、松前町で交付される妊婦歯科健康診査受診票は無料で歯科検診を受けられます。負担はかからないので、一度は必ず受診するようにしましょう。
妊婦歯科健康診査受診票の使用は歯医者で1回のみとなります。無料で受けられるのは1回となり、それ以降は費用負担が必要です。

妊娠中にインプラント治療は受けられる?

最近ではインプラント治療 をする方も増えており、当たり前の歯科治療へと変わっています。しかし、妊娠中のインプラント治療は問題ないのでしょうか。
結論から言うと、妊娠中のインプラント治療は避けた方がいいでしょう。理由は、いくつかのリスクがあるからです。例えば、インプラント治療ではレントゲン撮影が必要です。胎児への影響が心配される治療方法なので、できる限り避けた方が安心です。また、妊娠中はつわりなどがあります。インプラント治療は、長い時間口を開けたまま治療をすることになるので、負担も大きくなるでしょう。その他にも様々なリスクがあるので、おすすめはできません。

インプラント治療中に妊娠が発覚してしまったら

インプラント治療中に妊娠が発覚してしまったら
妊娠中にインプラント治療 は避けた方がいいということは多くの女性が知っているのではないでしょうか。しかし、インプラント治療中に妊娠が発覚してしまう可能性も考えられます。この場合、どうすればいいのでしょうか。インプラントの治療が終わってから妊娠をする場合は問題ありませんが、1回目の手術を終えた直後の妊娠などは一度主治医に相談するようにしましょう。人によっては妊娠したからとそのままの状態で放置する方がいますが、治療中の歯をそのままにするのはあまりよくありません。機能的な問題が出て食事がまともにできないなどのトラブルが発生します。
インプラント治療自体は、妊娠中に行うことは難しいでしょう。しかし、インプラント治療を始めたばかりの時期に妊娠をしてしまった場合でも、いくつかの対策方法があります。

抜けた歯の代わりに部分入れ歯をつける

抜けた歯をそのままにすると、かみ合わせが悪くなったり、抜けた隣の歯が支えられずに倒れてしまったりなどデメリットしかありません。しかし、負担がかかるので手術を進めることもできません。この場合は、入れ歯の対策方法があります。入れ歯であれば負担が少なく、妊娠中でも治療が行えます。子供が生まれるまでは一度インプラント治療をストップし、妊娠後に落ち着いてから再びインプラント治療をスタートさせるとよいでしょう。

仮歯を装着する

仮歯も治療方法としても負担が少ないので、万が一の対処方法として使うことができます。仮歯を装着しておけば、歯列のバランスが崩れることもなく、インプラント治療を再開する際にも比較的スムーズにできます。

まとめ

妊娠中は、何かとお口のトラブルが発生することがあります。松前町では、妊婦のための妊婦歯科健康診査を行っているので、忘れないように受診してください。また、万が一インプラント治療の途中だという人は、放置してしまうと危険ですので、一度愛媛インプラントクリニックかまくら歯科にご相談ください。

ページの先頭へ戻る