松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

歯ぐきが腫れた・痛い

昨日までなんともなかったのに歯ぐきが腫れて痛い!でもしばらくすると治まったというようなことはありませんか?歯ぐきの腫れや痛みは一進一退です。治まったと思っても気づいた時には病状が大きく進行していることもあります。ほおっておかないでぜひ一度ご来院ください。

歯ぐきの腫れや痛みには様々な原因があります。

  • 歯周病
  • 歯の根の先に膿がたまっている
  • 歯の根が折れている
  • 歯と歯の間にものが詰まる
  • おやしらず

その症状と治療についてご説明します。

歯周病

歯周病菌により歯を支えている骨が溶けて最終的に歯が抜け落ちてしまう病気です。健康な歯ぐきの色は薄いピンク色ですが、歯周病菌が歯ぐきの周りにすみついて歯茎が赤く腫れてしまいます。また歯周病が進行すると歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットという溝が深くなります。そこにプラークが溜まり続けると歯ぐきの中に膿が溜り、大きく腫れて痛くなります。歯周病は自覚症状のないまま進行し気づいた時には重症化していることもあります。

治療方法

歯ぐきの腫れが歯周病の原因の場合はまず、抗生剤を内服したり、歯の噛み合わせを調整します。早期であれば治りやすいですが、歯を支える骨が溶けて歯が大きく揺れている場合は抜歯となることもあります。しかし早めに気づいて歯石を取ったりブラッシングを見直すことで進行を止めることができます。

歯の根の先に膿がたまっている

虫歯が大きく神経にまで細菌感染してしまった歯は根っこの先に膿の袋を作り痛みを起こします。また同様にもともと神経を取って良い薬を詰めていた歯でも時間とともに菌が入って悪くなることがあります。

治療方法

膿の袋を切開したり、抗生物質を飲んで様子をみます。落ち着いてきたら細菌感染した神経を取りのぞき歯の根の中をきれいにそうじして最終的にかぶせものをつくります。

歯の根が割れている

歯の根は歯肉ポケットといわれる歯と歯ぐきの境目にある溝から細菌から身を守る免疫細胞を含んだ液を出して細菌感染を防いでいますが、歯の根が割れるとそのヒビをつたって唾液に混じった細菌が流入してしまいます。すると歯ぐきが炎症を起こして腫れたり痛みがでます。

治療方法

割れてしまった歯は残念ながらおいておくことはできないので抜歯になります。

歯と歯の間に物が詰まる

歯と歯の間に虫歯ができると物が挟まりやすくなります。また歯周病などで歯を支える骨が下がると歯と歯の間にすきまができます。そこに食べ物が挟まると歯ぐきが圧迫されて腫れたり痛みが出ます。

治療方法

歯間ブラシやフロスを使って歯と歯の間の汚れをかきだします。すきまが大きければをプラスチックの樹脂や被せ物詰め物を作り直してすきまを小さくすることもあります。

親知らず

おやしらずは横や斜めに生えていることが多くおやしらず周辺の歯ぐきは中に細菌が溜りやすく腫れや痛みが出ます。また、腫れて歯ぐきが盛り上がると、噛み合う親知らずに刺激されてより痛みが強くなります。

治療方法

歯と歯ぐきの境目をよくブラッシングするか、抗生剤、痛み止めの投与をします。痛みがたびたび出るようなら抜歯をします。

歯の治療 その他のページ

ご予約・ご相談はこちら
ささいなことでもお気軽にご相談下さい。私たちが対応させて頂きます。
電話する受付時間 8:30〜19:15
オンライン予約24時間対応

所在地

〒791-3155
愛媛県伊予郡松前町大字鶴吉806
TEL 0120-160-229 / 089-984-0002

Googleマップで場所を表示

診療時間

午前
9:00〜13:00
午後
15:00〜19:00

※土曜日の午後は14:00〜17:00まで

特集ページ