松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

歯周病の原因菌

プラークや歯石の中には、どのような菌が存在しているのでしょう。当院では、位相差顕微鏡という顕微鏡を用いてお口の中の菌を見ることができます。

お口の中には歯周病をひき起こす細菌は、

  • P.g.菌(Porphyromonas gingivalis)
  • T.f.菌(Tannerella forsythensis)
  • Td.菌(Treponema denticola)
  • P.i.菌(Prevotella intermedia)
  • A.a.菌(Actinobacillus actinomycetemcomitans)

など10種類以上がわかっています。 P.g.菌、T.f.菌、Td.菌は歯周病が進行している人々のほぼ60~70%から発見される菌です。これらはよく同時にみつかります。

その中でもRed Complex(レッドコンプレックス)と呼ばれる3菌種(P.g.菌、T.d.菌、T.f.菌)は、ピラミッドの頂点に位置し、重度の歯周炎に最も影響を及ぼしていると言われています。

この菌はどのような悪さを行うのでしょうか。

微生物の名前 微生物の形状 特徴
Porphylomonas gingivalis(P. g.菌) 球状に近く小さい 歯茎の炎症程度と関係がある。内毒素により歯の骨を溶かす。強い悪臭を放つ。動脈硬化にも深く関与する。
Tannerella forsythensis(T. f.菌) 球状から尖った両端へと形状が変わる 歯と歯肉の間の溝が広がる歯周ポケットから組織内および血管内に入り込んで増殖する。
Treponema denticola (T. d.菌) やや大きく激しくクネクネと動く 通常の歯周病の治療ではなかなか治らない、難治性歯周病の指標にされる細菌です。

このような特徴があります。こんな菌がお口の中にいるのは嫌ですよね。

当院では、この細菌を除去する治療法を取り入れています!!
詳しくは、こちらのページをご覧下さい

このカテゴリのその他のページ

ご予約・ご相談はこちら
ささいなことでもお気軽にご相談下さい。私たちが対応させて頂きます。
電話する受付時間 8:30〜19:15
オンライン予約24時間対応

所在地

〒791-3155
愛媛県伊予郡松前町大字鶴吉806
TEL 0120-160-229 / 089-984-0002

Googleマップで場所を表示

診療時間

午前
9:00〜13:00
午後
15:00〜19:00

※土曜日の午後は14:00〜17:00まで

特集ページ