松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

サリバテスト(唾液検査)でお口のリスク管理を

サリバテスト(唾液検査)は「虫歯になる根本的な原因」を突き止め、どの程度虫歯が発生するリスクがあるかを確認するための検査です。この検査で現状を把握し、管理する事で虫歯を発生せず、今後の治療を必要としないお口づくりの対策を立てます。

サリバテストを行うと以下のようなコトが分かります。

  • むし歯菌の数
  • あなたの食事の習慣
  • あなたの歯を守る力

原因が違えば、予防法も違います。むし歯の原因の組み合わせは人それぞれ。サリバテストによってむし歯のなりやすさを調べて、自分だけのむし歯予防法をしましょう。

サリバテストについて

はじめに

リラックスをした状態で、味のついていないガムを噛みながら、静かに唾液を出します。(5分間)

唾液の量

唾液が多く出るほど

  • 口の中の食べ物を早く洗い流します。
  • 歯の質を強くします。
  • 抗菌作用が働きます。

緊張やストレスが高まるとだけ機分泌が少なくなるようないわゆる口が渇く状態となります。唾液は多いほうが汚れや臭いを洗い流す効果が期待できるので、口臭予防にも効果があります。

唾液の中和力

食後の食後の歯が溶けやすい環境から、どれくらい早く通常の状態に戻るのかがわかります。検査用紙が5分間に、何色になっているか調べます。

唾液の大きな特徴の一つ、酸やアルカリの両方を中性に戻そうとする働きのことです。食事や間食のあとは、プラークが歯の鏡面を脱灰して歯の表面を溶かしはじめます。中性に戻す能力が高い(緩衝能が高い)と溶けている時間が短くて済み、歯を再石灰化する時間が長く取れると考えられます。

ミュータンス菌量

ネバネバの歯垢を作ってむし歯のきっかけを作る細菌。

一番有名なむし歯菌です。 歯に付着するプラークの原因となったり、酸を産生して歯を溶かしたりします。生まれたばかりの赤ちゃんにはいないため、検査では感染の有無を確認したりもできます。菌数が多ければ当然虫歯のリスクは高い状態と考えられます。

ラクトバチラス菌量(乳酸桿菌量)

虫歯を進行させる菌です。かみ合わせの溝や、詰物の隙間、むし歯の穴にたくさんいる細菌です。砂糖を与えると強い酸を作ります。

唾液から採取した菌を培養器で増やしている様子。

こんな感じで検査結果が出ます

すべての結果を元に、チャート表を作成し、実行しやすい虫歯予防法をご提案します。

このカテゴリのその他のページ

ご予約・ご相談はこちら
ささいなことでもお気軽にご相談下さい。私たちが対応させて頂きます。
電話する受付時間 8:30〜19:15
オンライン予約24時間対応

所在地

〒791-3155
愛媛県伊予郡松前町大字鶴吉806
TEL 0120-160-229 / 089-984-0002

Googleマップで場所を表示

診療時間

午前
9:00〜13:00
午後
15:00〜19:00

※土曜日の午後は14:00〜17:00まで

特集ページ