かまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
噛み合わせは15歳までに完成してしまいます。かまくら歯科の子供の歯並び治療はいわゆる”見た目を綺麗にする”ということではありません。
咬合育成です。噛み合わせを育てるものです。

15歳児に良い噛み合わせに育てること(咬合育成)永久歯虫歯ゼロを目標に幼少期よりお子様に関わらせていただいています。特に、衛生士学校を卒業して当院に入社した衛生士も歳を重ね、ママさんになり自分の子供を育てながら、訪れる子供たちの口腔内も守りたいという意識が高くなっています。お子様の成長に関わらせて頂くことは我々の喜びであります。

人は、健康で長生きしたいと願います。その時、歳を取っても自分の歯が揃い野菜やタンパク質を摂取できることは健康寿命を延ばすことにつながります。噛み合わせの良い人は、歯の持ちが良いことがわかっています。歳を取ったとき、噛み合わせの良い人は歯がたくさん残り、健康で長生きなわけです。

しかし、噛み合わせは15歳までに完成してしまいます。一生の健康に関わることが人生の前半で決まるわけです。したがって、当院の子供の歯並び治療はいわゆる”見た目を綺麗にする”ということではありません。 ”咬合育成”です。噛み合わせを育てるものです。

現在は、いろいろな治療法が考案されています。15歳で出来上がる”噛み合わせ”は一生の宝です。歯が生えた時から、お子様が良い噛み合わせに向かって育っているのかチェックしてください。良い噛み合わせで虫歯ゼロを一緒に目指していきませんか?

顎顔面矯正

顎の正常な発育を促し、きれいな歯並びを誘導する

顎顔面矯正というのは、主に成長期(5〜12歳)のお子様に効果の高い矯正治療法で、健全な顎の骨の成長を促しながら理想的な歯並び、かみ合わせを作り上げていくものです。顎顔面矯正は、専用の矯正装置を使用し、成長の盛んな時期に顎の骨の成長を助けながら歯を理想的な位置に誘導していくことができるので、健康的で、歯の後戻りが起こりにくい大きなメリットがあります。この治療法の特徴は、上顎の拡大時に鼻腔も広がり、鼻呼吸が楽になることにあります。アレルギーで口呼吸しか、難しいお子様におすすめです。

床矯正

         
歯を抜かず「顎を拡げて」歯を並べる治療法
         

床矯正(しょうきょうせい)は、歯を抜かない矯正法です。歯の矯正には歯を抜く「抜歯矯正」もあり、こちらは何本か歯を抜いた後に矯正します。一方の床矯正は、歯を抜かずに「床」を調整します。歯にとっての「床」とは、顎(あご)のことを指します。歯は「顎を広げると自然に動く」という性質があり、床矯正ではこの性質を利用しています。顎を拡げるために、患者さんにはネジのついた装置(マウスピース)を、お口に装着していただき、少しずつ顎を拡げていきます。

PRO矯正

歯並びを悪くする生活習慣を改善しながら健全な顎や歯並びを育てる

PRO矯正は、歯並びやかみ合わせを悪くする原因となっている姿勢や呼吸などの生活習慣の癖を改善しながら、矯正装置を使って本来あるべき健康的な顎の骨や歯並びに誘導していく、いわば「悪い歯並びを予防するための矯正治療法」です。

インビザラインファースト

小学生から始められるインビザライン(マウスピース矯正)

インビザラインは、マウスピースを装着するだけで歯の矯正ができ、目立たず快適に矯正が行えるため、特に大人の方に大変人気があります。
インビザラインは、これまで大人や10代以降でしか使用できませんでしたが、日本でもようやく2019年3月から、小学校低学年の小学生のお子様からでも使用できる「インビザラインファースト」による治療が受けられるようになりました。

ページの先頭へ戻る