松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
地域お役立ちコラム

春の全国交通安全運動で日頃の運転を見直し!事故で歯を失ったらどうする?

投稿日: 2018/05/28
鎌倉聡
この記事を書いたのは…
院長・歯科医師 かまくら歯科

〈略歴〉
九州歯科大学卒業後、愛媛大学付属病院歯科口腔外科勤務、一般開業医勤務を経てかまくら歯科クリニックを開院。
その後、日本大学歯学部生理学講座にて博士号取得、日本歯周病学会認定医取得、ノーベルバイオケア社プランニング教室松山にて講師も務める。

愛媛県 では車を所有している方も多く、毎日通勤通学などで車を運転している方もたくさんいるでしょう。安全第一で交通事故が0の街になるのが一番ですが、残念ながら事故が発生しない日はありません。全国的に見ると、交通事故の死亡率が高いのが愛知県ですが、それに次いで多いのが愛媛県です。交通事故を減らすためにも、ドライバーは安全第一で運転をしなければなりません。
今回は、愛媛県で行われている「春の全国交通安全運動」と万が一事故で歯を失ってしまった場合の対処方法についてご紹介します。

春の交通安全運動とは?

春の交通安全運動とは?
全国で行われる春の交通安全運動は 、交通ルールと交通マナーをしっかりと守る習慣をつけ、全国で交通事故をなくすために行われる活動です。
運動期間は平静30年の4月6日から15日までの10日間です。その中でも4月10日は交通事故死ゼロを目指す日となっています。
春の交通安全運動で全国的に重点されていることは、子供と高齢者の安全の確保と高齢運転者の事故防止、自転車の安全運転、車の全シートでシートベルトを着用することとチャイルドシートの正しい付け方、飲酒運転の根絶です。これらのことを守れば、交通事故や死亡事故は少しでも減らすことができます。しかし、防止するためには国民一人ひとりの意識が大切となることは言うまでもありません。
愛媛県でも行われる運動なので、期間中だけではなく、日頃から交通ルールとマナーを守るようにしましょう。

愛媛県の交通事故の特徴とは?

全国的に交通事故死は減っており 、愛媛県も50年ぶりに死者数が5,000人を下回っています。しかし、それでも事故率が全国ワースト2位となっており、四国では最も死者数が多い県です。
愛媛県では、交差点での事故が最も多く、死者数は31人となっています。また、信号のない交差点での事故も多く、死者数は19人です。
現在の車は、シートベルトを着用しない場合、警告灯や警告音が鳴る仕組みとなっていますが、それでも愛媛県ではシートルベルの未着用率が高いのが特徴的です。実際に死亡事故の中でも6名はシートベルトを着用していれば助かったと言われているので、未着用率を下げることが事故を減らすための1つの方法になるかもしれません。
また、ドライバーだけではなく、歩行者も夜間に事故で死亡している割合が高いです。歩行中の事故では、反射材を着用していないことが原因で発生しています。こちらも反射材を着用していれば防げた事故かもしれません。
このような事故の特徴となっていますが、愛媛県内でも一番事故が多いのが松山市という結果になっています。

万が一交通事故で歯を失ってしまったら

交通事故で歯を失ってしまったら、 そのまま放置をするのではなく、インプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。交通事故では、歯が欠けたり、口内を損傷したりしていることが予想されます。しかし、こういった状況でもインプラント治療は可能です。実際に交通事故が理由でインプラント治療を受ける方は多く、多くの方がインプラント治療をして満足しています。交通事故をする前の生活に戻りたい場合は、できる限りそのままで放置をしないことが大切です。愛媛インプラントクリニックかまくら歯科では、インプラント治療を実施しているので、検討中の方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

歯を入れないで放置するデメリットとは?

歯を入れないで放置するデメリットとは?
万が一歯が抜けた場合に インプラント治療をするメリットはたくさんありますが、抜けた歯を放置しておくとどうなるのでしょうか。実はデメリットばかりとなってしまうので、具体的にどんなデメリットがあるのかご紹介します。
まず、放置することで抜けた歯の隣の歯にも影響が出てくることを知っておきましょう。通常、歯と歯は支え合っていますが、歯が抜けることで抜けていない歯も徐々に傾き始めます。将来的に歯が残る可能性も低くなるので、あまりよくありません。
また、歯の隙間に汚れがこびりつき、虫歯や歯周病の原因にもなります。歯が抜けることで隙間ができやすくなります。しっかりとケアができればいいですが、ブラッシングだけで綺麗にすることは難しいでしょう。虫歯や歯周病にならないためにも、インプラント治療はした方がいいのです。

治療するまでの流れについて

インプラント治療 をしたいと思ったら、まずは歯科医院へ相談をしてください。愛媛インプラントクリニックかまくら歯科では、電話やカウンセリングなどで相談ができます。カウンセリング後は、手術を行う前にレントゲンやCT、模型、内科検診などを行います。問題がなければ治療方方針の決定をし、インプラント手術に入っていきます。手術後は定期検診やメンテナンスを行います。

まとめ

交通事故で万が一歯がなくなったとしても、諦める必要はありません。日本の歯科技術は高く、再生させることができます。交通事故で歯が抜けてしまったという悩みがある方は、一度歯科医院へご相談ください。

ページの先頭へ戻る