松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
歯科コラム

妊婦さんの歯科検診とは?どんな歯科で受診できる?

2018/09/20
投稿者:かまくら歯科

女性はホルモンバランスによってお口の中の環境が変化する時期があります。中でも最もお口の中のトラブルが起こりやすいのが、女性ホルモンが活発に働く妊娠期間です。妊娠中はつわりや食の好みが今までとは変わったりと、お口の中の環境が変化しやすく、細菌が繁殖しやすくなる傾向にあります。
お口の中のトラブルは、お腹の中の赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまいます。
かまくら歯科と一緒に詳しく見ていきましょう。

妊婦さんの歯科検診

妊婦さんの歯科検診
妊婦さんの歯科検診は通常の歯科検診と同様、歯や歯茎とその周りの状態を確認し、歯のお掃除やその方法を教えてもらうことができます。妊婦中の虫歯や歯周病は早産や低体重出産のリスクが高まる上、生まれてくる赤ちゃんも虫歯や歯周病になりやすいことが研究で発表されています。このような事態を招かないためにも、妊娠中の歯科検診はとても大切なことなのです。

歯科検診を受ける時期

妊娠中の歯科検診をうける時期は基本的にはいつでも良いですが、安定期の5ヶ月~7ヶ月頃を目安に行くと良いでしょう。万が一、虫歯や歯周病などが見つかった場合も、安定期でしたら通常通り歯科治療を受けることができます。妊娠初期と後期でも歯科検診を受けることは可能ですが、歯科治療は安全面を考慮し応急処置までに留めておき、安定期や出産後に改めて歯科治療を開始することが多いです。

歯科治療の赤ちゃんへの影響

歯科治療の赤ちゃんへの影響
歯医者さんに行く際、歯科治療で使われる痛み止めや化膿止めといったお薬やレントゲン撮影の被曝など心配事が多いという妊婦さんも多いのではないでしょうか。妊娠時期や使用薬剤など治療内容によって制限はあるものの、妊婦さんでも歯科治療を受けることはできます。また、レントゲン撮影は身体全体に防護エプロンを着けて行いますし、歯科治療で使われる麻酔薬の量は赤ちゃんに届くことはありません。

自治体で無料検診を受けることができる

妊婦さんの場合、お住まいの自治体指定の歯医者さんで無料の歯科検診を受けることができることがありますから、一度問い合わせてみると良いでしょう。一般の歯医者さんでも妊婦さんの治療を行うことは可能ですが、妊婦さんを専門とした「マタニティ歯科」を設けている歯医者さんもありますから心配な方はそちらもおすすめです。妊娠中は体調の変化が著しいので、無理をしないで体調が良いときを見計らって歯科検診を受けましょう。もちろん、治療中も無理をしないで、具合が悪くなったら歯医者さんに申し出て下さいね。

その日のうちにインプラントが埋められる!「抜歯即時埋入」とは?

2018/09/05
投稿者:かまくら歯科

今回紹介するインプラント治療の「抜歯即時埋入(ばっしそくじまいにゅう)」法は、特殊な状況で採用される治療法です。
事故などの強い衝撃で歯の根が折れてしまった場合、その歯の根を使った治療はできないので抜歯することになります。抜いた歯の代わりにインプラントを入れようとしたとき、これまでは抜けた歯を支えていた顎の骨が安定するまで2~6カ月ほど待たなければなりませんでした。
しかし歯科治療材料の進化により、抜歯したときに即時にインプラントを埋め入れることが可能になったのです。それが抜歯即時埋入法です。
従来の治療法のデメリットを解消しているため、メリットが大きい治療といえますが、患者さんの状態によっては適用できないこともあります。かまくら歯科と一緒に詳しく見ていきましょう。

通常のインプラント治療とはどこが違うのか

通常のインプラント治療とはどこが違うのか
事故などで歯の根が折れたケースではなく、通常の虫歯で天然の歯をインプラントに置き換える場合、顎の骨はしっかりしていることが多いので、すぐに顎の骨に穴を開けてインプラントを埋入させることができます。
しかし突如、歯を根ごと抜くと、当然ですが顎の骨にぽっかり穴が開いてしまいます。抜歯は歯と顎の骨を傷つける行為でもあるので不安定な状態になります。インプラントは顎の骨と結合することによって強度が出るので、これではせっかくインプラントを入れてもグラグラしてしまう可能性があります。
そのため、抜歯してから2~6カ月ほど時間を置き、顎の骨の傷が癒え安定するのを待つわけです。これが従来の治療法です。
しかし、ならばなぜ、抜歯即時埋入法によるインプラント治療が可能になったのでしょうか。

「融和性」が高いインプラントが開発されたから

抜歯即時埋入が可能になったのは、融和性(オステオインテグレーション)を高めたインプラントを開発できたからです。
融和性とは、顎の骨とインプラントの「相性」のことです。インプラントはチタンという金属でできていて、チタンは顎の骨と結合する性質を持っています。チタン以外のステンレスなどの金属だと、骨の細胞に受け入れられないのですが、チタンは細胞に受け入れられるのです。チタンを骨に埋めると「ピタっと」密着します。

しかしチタンにもいろいろな種類があり、「まあまあ骨と結合するチタン」と「ものすごくよく骨と結合するチタン」があることがわかりました。前者を疎水性のチタンといい、後者を親水性のチタンといいます。
親水性のチタンを開発したことで、インプラントと顎の骨の結合がより強まりました。これなら、まだ状態が安定していない抜歯後の顎の骨にも使えます。それで抜歯即時埋入という新しい治療が可能になったのです。
それでは次に、抜歯即時埋入によるインプラント治療のメリットをみていきましょう。

抜歯即時埋入によるインプラント治療のメリット

抜歯即時埋入によるインプラント治療のメリットは、従来の方法のデメリットを解消した点にあります。
従来の、抜歯から2~6カ月ほど期間を置く治療法は、治療期間が長期化するデメリットがありました。そして抜歯とインプラント埋入を別の日に行うことになるので、大きな手術を2回も受けなければならず、患者さんの負担が大きい短所もありました。
しかも、抜歯からインプラント埋入まで2~6カ月空けることで顎の骨がやせ細ってしまうこともあるのです。

抜歯即時埋入によるインプラント治療のメリットは次のとおりです。
●手術が1回で済むので患者さんの負担が小さい
●治療期間が短い
●よって治療費が安くなる
●抜歯直後は周辺の組織の治癒力が活性化しているので傷の治りが早くなる
●期間を置かないでインプラントを埋入するので顎の骨がやせ細るリスクを回避できる
●抜歯によってできた穴をすぐに塞ぐことができるので感染症のリスクが小さい

治療期間については、「従来型の治療は6カ月以上かかっていたが、抜歯即時埋入だと3~4カ月で済む」との研究結果も報告されています。

抜歯即時埋入によるインプラント治療を受けられない患者さんとは

抜歯即時埋入によるインプラント治療を受けられない患者さんとは
メリットが大きい抜歯即時埋入法ですが、治療対象から外れてしまう患者さんもいます。
まず抜歯したときにできる顎の骨の「穴」が想定以上に広く深くなってしまうと、さすがに固定が難しいのでそのままインプラントを入れることはできません。
また、抜歯による炎症がはなはだしいときも、抜歯即時埋入法をあきらめなければなりません。インプラントを埋入する刺激は決して小さくないので、炎症を悪化させてしまうからです。麻酔が覚めたとき、患者さんの痛みを大きくさせてしまうでしょう。
さらに、喫煙をしている方は、歯医者の判断でそもそも最初から抜歯即時埋入法を選択しない可能性があります。喫煙習慣は傷の治りを悪くさせるので、抜歯に続いてインプラントを入れることに耐えられない可能性があるからです。
また抜歯即時埋入に限らず、インプラント治療を受けるとき、禁煙を指導する歯医者も少なくありません。

まとめ~歯科医療の進歩を感じられる治療法

抜歯即時埋入は、従来の治療のデメリットを解消した治療です。歯科治療材料の進化と歯医者たちのたゆまぬ努力の結果生まれました。
ただまだどの歯医者でも扱える治療法ではないので、しっかり歯医者と相談のうえ、抜歯即時埋入を受けるかどうか決めてください。

見た目がキレイなインプラントを奥歯に使用するメリットは?

2018/08/20
投稿者:かまくら歯科

インプラントには多くのメリットがあり、「美しさ」も大きな魅力のひとつです。インプラントはチタン製の「歯の根」の上に、セラミック製の人工歯を被せます。このセラミックという素材は色の調整や加工がしやすいので、限りなく天然の歯に似せてつくることができるのです。一般の人がインプラントを入れた人の歯を見たら、どれがインプラントでどれが天然の歯であるか区別できないでしょう。
審美性を求めてインプラントを入れようと考える方が多いのは、その美しい仕上がりに惹かれるからです。
では、人から見られることがなく、自分でもほとんど見ることができない奥歯にインプラントを入れることは意味がないことなのでしょうか。
もちろんそんなことはありません。インプラントを奥歯に入れることには、大きな意味とメリットがあります。かまくら歯科と一緒に見ていきましょう。

奥歯を抜けたままにしておかないほうがよい理由

奥歯を抜けたままにしておかないほうがよい理由
まず「そもそも」の話になりますが、奥歯が抜けてしまったとき、なぜ治療したほうがいいのでしょうか。
例えば右の奥歯が抜けても、左側の奥歯でしっかり咀嚼して食べることができるので「不都合を感じない」と思っている方は少なくありません。
しかし奥歯を抜けたままにしておくと、次の2つの不具合が起きます。
●噛み合わせが悪くなって体調不良につながる可能性がある
●健康だったほうの奥歯が傷んでしまうかもしれない
いずれも詳しくみていきましょう。

奥歯には少なくとも30㎏の力がかかります。最大100㎏以上になる人もいます。
例えば右の奥歯がなく、左側だけで咀嚼している人は、それだけの力が左側だけにかかるのです。また力を込めたときに歯を食いしばると思いますが、そのときも左の奥歯だけを使うことになります。
何十キロもの力が、片方にだけかかることが長期化すると、もはや口のなかの問題だけでは済まなくなり、体全体のバランスが崩れてきます。
噛み合わせが悪化して、頭痛や肩こり、腰痛を発症することは珍しくありません。いつもなんとなく体調が悪い不定愁訴の原因にもなります。
これが、奥歯がないことによる悪影響の1つです。

2つ目の悪影響は、健康なほうの奥歯が削れたり割れたりする危険が高まることです。歯は人の組織のなかで最も硬い素材ですが、それでも常に100㎏近い力がかかれば損傷されます。
左右の奥歯が健康であれば、左の奥歯を使っているときは右の奥歯を休ませることができます。片方の奥歯がないと、健康なほうの奥歯の「疲労回復」の時間が失われてしまうのです。

奥歯の入れ歯がインプラントより劣る理由

奥歯が抜けてしまったら、治療したほうがよい理由をご理解いただいたところで、次に抜けた奥歯に入れ歯を入れるケースを考えてみましょう。

同じ奥歯の治療でも、入れ歯は医療保険が適用されますが、インプラントは医療保険を使うことができません。しかも奥歯は人に見られるわけではないので、「なにも奥歯にインプラントを入れる必要がない。入れ歯で十分」と考えるかもしれません。
しかし残念ながら、入れ歯は機能的にインプラントより劣ってしまう点があるのです。

奥歯の入れ歯は、強い力に耐えなければならないため、どうしても入れ歯の素材を厚くする必要があります。そうなると口のなかの「異物感」が大きくなってしまいます。「入れ歯がなじまない」と感じる人が少なくないのはそのためです。
また部分入れ歯は、人工の歯に金属製のバネ(クラスプ)をつけた構造になっています。クラスプの長さは5センチ以上になることもあります。つまり部分入れ歯を入れるということは、口のなかに常に5センチの金属を入れておくことになるのです。

また入れ歯は、総入れ歯はもちろんのこと、部分入れ歯でも日々の手入れが必要になります。夜寝る前に入れ歯を外し、洗浄剤を入れた液体に漬けておかなければなりません。

そしてこれが最も大きな欠点になるのですが、入れ歯はインプラントほどの「噛み心地」をもたらしてくれません。
噛み心地は歯を支えている顎の骨に力が伝わることで実感できます。天然の奥歯の場合、「奥歯→顎の骨→神経→脳」という順番で脳に噛み心地を伝えているのです。

しかし部分入れ歯は、加わった力を近隣の歯に分散させることで強度を保っているので、加わった力がダイレクトに顎の骨に伝わらないのです。
奥歯の入れ歯をインプラントに換えた人が「感動」するのは、噛み心地の再現性なのです。
それでは次に奥歯にインプラントを入れるメリットを見ていきましょう。

奥歯にインプラントを入れるメリット

奥歯にインプラントを入れるメリット
奥歯にインプラントを入れる最大のメリットは、噛み心地が天然の歯に近くなることです。インプラントはチタン製の「歯の根」を顎の骨に埋め込みます。しばらくすると顎の骨の組織がチタンと結合します。これはほかの金属では見られない現象で、チタンの代わりにステンレスを用いても、チタンほど骨の組織と結合することはないのです。

そのためインプラントの人工歯で食材を噛むと、噛み心地がダイレクトに骨に伝わり、脳に届くのです。もちろんその噛み心地は天然の歯にはかないません。しかし現在存在する歯科治療のなかで、最も天然の歯に近い噛み心地を再現できるのは、インプラントと言われています。

またインプラントの大きさは、元の天然の歯とほとんど同じです。そのため、口のなかの異物感がありません。
ただ、奥歯が抜けて時間が経ってしまった方がインプラントを入れると「なかったところに存在する違和感」は発生しますが、しかしすぐに解消するはずです。

まとめ~奥歯にインプラントを入れると多くの支障が取り除かれる

奥歯にインプラントに入れると、奥歯がない状態の支障や入れ歯の不具合の多くを取り除くことができます。
抜けた奥歯の治療を検討するとき、歯科クリニックの歯医者にインプラントのメリットをぜひ聞いてみてください。きっと歯医者も、インプラントの美しさより、インプラントの機能に注目するようアドバイスするでしょう。

歯茎にも口内炎はできる!その「できもの」は口内炎かも

2018/08/05
投稿者:かまくら歯科

歯茎にできた「できもの」には主に3つの原因が考えられます。「歯周膿瘍」、「口内炎」、「エプーリス」です。それぞれどのような症状があらわれるのか、またそれぞれの治療法について、かまくら歯科がご説明します。歯茎にできものができることはあまりないかも知れませんし、気づかないこともあるかもしれませんが、一度自分のお口の中を確認してみましょう。

歯周膿瘍とは?

歯周膿瘍とは?
歯周膿瘍とは歯茎に膿が溜まってしまった状態をあらわします。歯周膿瘍がおこる原因は歯の神経が死んでいるときや、歯の根っこの治療が不十分だったときにできてしまう場合と、歯周病になってしまい歯と歯茎の隙間から細菌が侵入してできてしまう場合が考えられます。歯周膿瘍は放っておくと自然に潰れてなくなることがありますが、治るわけではありません。しっかりと歯医者さんで歯の根っこの治療や歯周病の治療を行わない限り、繰り返し歯周膿瘍ができてしまう可能性があります。歯周膿瘍の膿は非常に臭く、口臭の原因ともなってしまいます。

口内炎

口内炎にはいくつかの種類がありますが、もっとも多い口内炎が「アフタ性口内炎」です。口内炎は頬の内側の粘膜や、舌にできると思われがちですが歯茎にできることがごく稀にあります。アフタ性口内炎になってしまう原因は、疲労や免疫力の低下などによって身体が弱ったときに細菌がお口の中にある傷口から侵入し、炎症を引き起こすことでなってしまいます。アフタ性口内炎の場合、放っておいても1~2週間のうちに自然に治ります。しかし2週間以上経っても治らない口内炎の場合は別に原因が考えられることもあるので、歯医者さんに診てもらいましょう。

エプーリスとは?

エプーリスとは?
エプーリスとは聞きなれない言葉かもしれませんが、別名「歯肉腫」という、歯茎にコブのようなものができる良性の腫瘍です。エプーリスそのものが悪さをすることはほぼあり得ませんが、盛り上がった歯茎の部分に汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病になりやすい環境をつくってしまうため、支障をきたす場合は手術によって切除されることがあります。しかしガンとの見分けは、見た目だけでは分からないこともあるため、見つけた場合は念のために病院へ行きましょう。
たかができものだからといっても、放っておくと重大な病気に発展することもあり得ます。できものを見つけたら様子をみて、なかなか治らない場合は歯医者さんへ行きましょう。できものをバカにせず、ちゃんと検査をしてもらいましょう。

抜歯しなくてもよくなる?子供のころにしたい「床矯正」とは?

2018/07/20
投稿者:かまくら歯科

お子さんの歯並び、ついつい確認してしまう方は多いのではないでしょうか。きれいに整えてあげたいとは思うものの、いつから?どうやって?費用は大丈夫…?と悩みは尽きませんよね。ブラケットでの矯正は痛いと聞きますし、抜歯をしなければならないとも言われる歯並びの矯正、なかなか踏ん切りがつきません。そこでおすすめしたいのが「床矯正」です。
あまり馴染みがないかもしれませんが、子供だからこそできる矯正方法で、この機会に是非とも検討したい矯正方法です。かまくら歯科と一緒に詳しく見ていきましょう。

床矯正ってなに?

床矯正ってなに?
一般的に知られている歯並びの矯正では、歯がきれいに生えるスペースを確保するために抜歯をおこなうことが多いです。抜歯によってできたスペースを活用しながら、その他の歯を矯正器具で動かしていき歯並びを整えていくというものです。一方で床矯正は、抜歯をすることはありません。歯が生えてくるためのスペースをつくるために、歯を抜くのではなく顎を拡げる方法をとります。具体的には、上顎や下顎に長時間、取り外しが可能な矯正器具を装着して顎を拡げていきます。

大人はできないの?

床矯正は顎を少しずつ、時間をかけて拡げていく矯正方法です。成長段階で顎の骨がまだ柔らかい状態の子供だからこそ有効な手段で、乳歯が生え変わるくらいから始めるとよいと言われています。残念ながら、大人になってからは顎の骨の大きさは変えられません。子供の時に床矯正をしておくことで、永久歯に生え変わる段階でまっすぐに歯が生えるスペースを確保しておこうという矯正治療です。

治療にはどのくらいかかるの?

少しずつ顎の骨を拡げていくので、かなり長期間の治療が必要と思われがちですが、実は半年~1年程度で済む場合がほとんどです。ただ、人によって異なりますから、2~3年かかることももちろんあります。ただ、抜歯をしてブラケットを装着する一般的な歯列矯正で平均2~3年かかると言われていますから、比較すると治療期間は床矯正の方が短く済む傾向にあります。

床矯正のメリットとは

床矯正のメリットとは
あまり注目していなかった床矯正ですが、これまでのご説明で「いいかも!」と思われた方も多いのではないでしょうか。床矯正のメリットは他にも以下のようなものがありますよ。

取り外しが可能なのは便利

一般的な歯列矯正だと、ブラケットを取り外すことは基本的にできません。食事の際や歯磨きの際に邪魔になると聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。その点、床矯正の器具は自分で取り外すことができるので、食事を美味しく楽しめたり、歯の隅々まできちんと磨けたりと日常生活で邪魔になることがあまりありません。ずっと装着していることが難しい子供でも、比較的楽に治療にあたることができます。

虫歯になりにくい

取り外しが可能な点と共通しますが、器具を取り外して歯磨きや口内のケアができるため、虫歯になりにくい状態を保つことが可能になります。ブラケットを装着した従来の矯正方法では、どうしても歯ブラシがとどかないところや器具と歯の間に汚れが溜まってしまい、虫歯になりやすくなってしまいましたが、床矯正ではその心配がありません。

大人になってからの矯正が楽に

子供の時に床矯正をして顎を拡げておけば、大人になってさらに歯並びを矯正するとなった際も、抜歯をせずに済むことがあります。歯の傾きや歯並びは大人になるにつれて悪化してしまうので、子供の頃から対策しておくのが有効ですし、抜歯をしてブラケットを装着してと大掛かりな矯正治療を回避できる可能性が高まるのはうれしいことですよね。

床矯正のデメリットとは

良いこと尽くめな床矯正ですが、もちろん治療ですから気をつけておかなければならないこともあります。

場合によっては顎が元に戻ってしまうことも

床矯正は、器具を装着してゆっくりと顎の骨を拡げていくものですから、長時間器具を外したままにしてしまうと、拡がった顎がすこしずつ元の大きさに戻ってしまうことがあります。食事や歯磨きなど一時的なもの以外は常時しっかりと装着することが必要です。

決まった操作を繰り返す必要がある

毎日決まった時間に器具のネジを回して調整していく必要があります。ネジを回すことで、顎の拡がりを大きくしていくためです。うっかりとネジを回し忘れてしまうと、治療の効果が弱まり、治療期間も長引いてしまうことがあります。

歯ぎしりをする子には向かないことも

夜寝ている時や集中している時に歯ぎしりをするクセがある子供には、残念ながら床矯正は向いていません。歯ぎしりをすることで器具に負荷がかかり、矯正装置が壊れてしまう可能性があるのです。歯ぎしりは直そうと思っても無意識のうちに行っていることが多いですから、床矯正を検討する際は歯ぎしりについて歯科医師に相談してください。

多少注意すべきところはありますが、それでもメリットが多い床矯正。そろそろ子供の乳歯が生え変わるという方、子供の歯並びが気になるけれど抜歯は避けたいという方は、一度床矯正を検討されてみてはいかがでしょうか。一般的な歯列矯正に比べ痛みもあまりありませんし、歯磨きなどのケアも簡単に行えます。子供のきれいな歯並びを手助けする、第一歩を踏み出しませんか?

オールオン4治療にかかる期間は?どれくらいの通院回数が必要?

2018/07/05
投稿者:かまくら歯科

通常のインプラントの治療では、1本のインプラントのネジに対し1つの被せものを入れますが、オールオン4の治療では、4本のインプラントのネジに対し1つの総入れ歯のような被せものを入れることができるようになりました。
オールオン4は総入れ歯や、残りの歯の本数が少なく歯周病などにより保存することができない状態の患者さんに、治療時の負担の軽減を行うことができる画期的なインプラントの治療方法です。今回はオールオン4の治療法の流れについてかまくら歯科が紹介します。

オールオン4の通院回数について

オールオン4の通院回数について
オールオン4の治療では、通常のインプラントの治療と同様の流れで治療が進みます。
(1)問診、検査、診断(CT、MRIなど)
(2)治療の説明、手術の予約
(3)手術
(4)術後の消毒
(5)抜糸
(6)型取り
(7)噛み合わせの確認
(8)見た目の確認
(9)フレームの確認
(10)被せものの完成
(11)被せものの調整
およそ10回の通院で治療が完了しますが、患者さんのお口の中の状態や健康状態などによって通院回数は増減します。

オールオン4の治療期間

通常のインプラントの場合、上顎にインプラントを行う場合は6ヶ月程度、下顎にインプラントを行う場合は3か月程度の治療期間です。オールオン4の場合では、上顎に行う場合と下顎に行う場合、どちらも差はなく6か月程度の治療期間です。通常のインプラントの場合、治療期間中に仮の被せものを入れることができませんが、オールオン4では治療期間中でも仮の被せものを入れることができます。

オールオン4のメリット・デメリット

オールオン4のメリット・デメリット
オールオン4の最大のメリットは、インプラントの手術を行った当日から仮の被せものをいれることができることです。また、総入れ歯や歯を多く失った方でもインプラントの治療を受けることができます。オールオン4のデメリットは被せものを取り外しすることができないため、汚れが溜まりやすくなります。そのため歯医者さんでのメンテナンス回数が多くなってしまいます。

オールオン4についてのまとめ

いかがでしょうか?オールオン4はあまり聞きなれない治療法かもしれませんが、通常のインプラントの治療より進歩した方法といえるでしょう。オールオン4は高い技術が要求される治療です。オールオン4の治療を受けるときは、安心と信頼ができる自分に合った歯科医院を選びましょう。また、オールオン4はしっかりとメンテナンスを行うことで生涯を通じて使用することができます。もちろん、自らが行う日々のケアも重要ですよ。

矯正治療で改善する?顎関節症と矯正の関係性は?

2018/06/20
投稿者:かまくら歯科

顎が痛い、口を大きく開けられないなど、顎の異常を感じたことはありませんか?実は、日本人の約半数は顎の異常を感じているという報告があります。「顎関節症かも…」という話を身近で聞いたことがあるかもしれませんね。日本人を含め、アジア人は頭蓋骨が前後に短く顎に前後のゆとりがないので、顎関節症の割合が比較的多いと言われています。このように顎関節症は誰にでもなりうる可能性が高いのです。

顎関節症と歯列矯正

顎関節症と歯列矯正
顎関節症と矯正治療は深い関係があります。顎関節症を診断するに当たって、まず、歯の状態(虫歯や治療の様子、噛み合わせのずれ、)や顎の骨格や位置、全身の筋肉の緊張状態などを確認します。歯に不具合があると、顎の周りの筋肉にも影響を及ぼし顎関節症につながっていることが考えられるからです。噛み合わせが顎関節症の原因となっていると判断できる場合には、矯正治療を行うことで改善されます。

矯正治療の方法

顎関節症の原因が噛み合わせの悪さにある場合、歯列矯正をしなければよくならないことになります。しかし、歯を削ったり親知らずを抜くなど元の歯を傷つけるような矯正方法は避けた方が良いでしょう。顎関節症の原因は複数あることが多く、元の歯を傷つけるような治療法を行っても効果があまりみられなかった場合、元に戻すことができないのでマイナスになってしまいます。歯列矯正は様々な方法あるので、歯医者さんとよく相談して選びましょう。

歯列矯正以外の治療法

歯列矯正以外の治療法
噛み合わせの悪さが顎関節症を引き起こしている場合は、歯列矯正は効果的ですが、顎関節症は自分で改善できる方法もあります。

日常の癖を見直す

噛み癖や舌の位置、頬杖や食いしばりなど無意識に行っていませんか?日常の様々なストレスによって、噛み合わせは少しずつずれてしまいます。噛み合わせのずれは次第に全身の不調和につながり睡眠時無呼吸症候群などを引き起こすことも考えられます。癖は自分ではなかなか気がつかないことが多いので、かまくら歯科と一緒に生活習慣を見直してみましょう。

マッサージ

顎の周りの筋肉をほぐして血行をよくすることでも効果があるでしょう。マッサージの方法は、歯医者さんに指導してもらうことができます。また、肩や首のストレッチすることも有効です。
また、痛みがあるときは、食事は柔らかいものにしたり氷水で冷やすなども良いでしょう。自己流で続けるだけでは悪化してしまうこともあるので、一度かまくら歯科で状態を確認してもらうとよいですね。

歯並びが悪いとスポーツ選手には致命的?運動と歯の関係は?

2018/06/05
投稿者:かまくら歯科

歯が身体能力に関わりがあることをご存知でしょうか?スポーツが身体の健康に関係するのと同じように、歯もスポーツと深い関係があります。一流のアスリートのお口の中を調査したところ、虫歯がない選手は半数以上を示しています。一流のアスリートが歯を大切にするのは、スポーツにおいて重要な関わりがあるということを知っているからでしょう。では、運動と歯の関係についてかまくら歯科と一緒にみてみましょう。

歯並びが悪いとバランスが悪くなる

歯並びが悪いとバランスが悪くなる
顎の関節の近くにある「三半規管」は体の平衡感覚を保つために重要な役割をしています。歯並びや噛み合わせが悪い場合や虫歯がある場合、顎の噛みしめる筋肉に左右差ができてしまいます。顎の筋肉のバランスが崩れてしまうと身体全体のバランスも崩れてしまい、重心のズレが生じてしまいます。スポーツをする上でバランス感覚は重要であるため、歯並びの悪さがスポーツにおけるパフォーマンスの低下につながってしまうのです。

噛み合わせが狂うと身体の不調につながる

虫歯や歯周病などが原因で噛み合わせが変わってしまうと、顎の筋肉はなんとかしようと無理をしてしまい、バランスを崩してしまいます。バランスを崩した顎の筋肉を放っておくと、顎の周囲にある組織にも影響し、顎関節症や肩こりや頭痛などといった症状を引き起こしてしまいます。

集中力の低下につながる

スポーツ選手は試合中にガムを噛んでいることが多々あります。噛むことは脳へ刺激を与え、集中力を発揮します。しかしお口の中が虫歯や歯周病などで不健康の場合、痛みや違和感によってストレスが生じてしまい、そちらに気がとられてスポーツに集中することができなくなってしまいます。また身体を作る栄養バランスも、痛みなどが原因で食事に制限がかかると崩れてしまいます。

食いしばることができない

集中力の低下につながる
スポーツをするときには力を発揮するために食いしばります。食いしばる力は奥歯で平均何十kgとかかり、最大で100kgの力が発揮されるといわれています。しかし虫歯や歯周病がある状態では、健康な状態と比べて歯や周りの組織がもろくなっているので、思うように食いしばる力をかけることができない上に、歯や周りの組織が食いしばる力に耐えることができません。

スポーツと歯の関係はとても重要!

スポーツにおいて素晴らしいパフォーマンスを行うためには、スポーツの練習だけでなくお口の中にまで気をつけなければなりません。スポーツを行なっている方は今一度お口の健康に気を使ってみましょう。もしかすると良い成果を出すことができるかもしれません。

赤ちゃんの歯に歯磨き粉は必要?正しい磨き方は?

2018/05/20
投稿者:かまくら歯科

「赤ちゃんに大人の歯磨き粉を使っていいの?」
「歯磨き粉の研磨成分って赤ちゃんに大丈夫?」
「そもそも赤ちゃんに歯磨き粉は必要なの?」

赤ちゃんの歯が生え始めることは親御さんにとって大きな喜びですが、その一方で、虫歯にならない歯のケアという新しい「責務」が増えることになります。

歯磨き粉の使い方についても、いろいろと悩んでしまうのではないでしょうか。
歯磨き粉の使用は、タイミングが重要です。正しい歯磨き粉の選び方と使い方についてもかまくら歯科が紹介します。

2歳ぐらいまでは歯磨き粉は不要

2歳ぐらいまでは歯磨き粉は不要
赤ちゃんの最初の歯は、生後3~9カ月で生えてきます。下の前歯→上の前歯と出てきて、そこから奥に向かって順に生えてきます。
赤ちゃんの乳歯は、上10本、下10本の計20本あります。20本生えそろうのは、2歳から2歳半ごろといわれています。

歯磨き粉は、20本すべてそろう2歳か2歳半ぐらいまでは、使う必要がありません。
むしろ、8カ月目くらいまでは歯ブラシも使わなくてもいいでしょう。
なぜなら、赤ちゃんの口の中は虫歯ができにくい環境にあるからです。赤ちゃんは大量の唾液を出しますよね。唾液には、虫歯菌をたたく効果があるのです。

しかし、虫歯ができにくいと聞いても「虫歯予防のために歯磨き粉を使いたい」と思ってしまう親御さんもいるでしょう。
そこで、なぜ2歳ごろまでは歯磨きを使わないほうがいいのか解説します。

そもそも歯磨き粉とは

まず「歯磨き粉」という言葉ですが、この記事では、一般的なチューブ入りのペース状の歯磨き剤のことを指しています。
今ではほとんど見かけませんが、かつての歯磨き剤は粉状になっていたため、ペースト状が主流になっている現代でも歯磨き「粉」という言葉が使われているのです。

歯磨き粉を使う目的は、主に次の6つがあります。
A:虫歯を予防する
B:虫歯の進行を止める
C:歯周病を予防する
D:歯の白さを保つ
E:口臭を予防する
F:口の中を清潔に保つ

まずAとBですが、2歳までの赤ちゃんは虫歯になりにくいので、この目的は赤ちゃんには重要ではありません。歯周病菌もその年齢では心配ないのでCの目的も要りません。
DとEは、さらに要りません。
Fの効果は赤ちゃんにも必要ですが、口の中の清潔を保つにはほかの方法があるので、わざわざ歯磨き粉を使う必要はないでしょう。

それよりも、歯磨き粉には、研磨剤を含めさまざまな添加物が含まれています。
ラウリル硫酸ナトリウム、リン酸水素カルシウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウム水酸化アルミニウム、グリセリンなどです。名前を聞いただけで、赤ちゃんから遠ざけたくなるものばかりではないでしょうか。

大人であれば歯ブラシの後、口の中をしっかりすすぐことができるので、こうした添加物を一時的に口の中に入れてもとくに問題ありません。
むしろ大人の場合は、こうした添加物によって得られるメリットのほうが多いのです。

2歳ぐらいまでの歯磨き粉を使わない磨き方

それでは次に、すべの乳歯が生えそろっていない、2歳ぐらいまでの赤ちゃん向けの「歯磨き粉を使わないお口のケア」について紹介します。

ガーゼでぬぐう

赤ちゃんの口の中の清潔を保つには、ガーゼが有効です。
親御さんが利き腕の人差し指にガーゼを巻き、それを赤ちゃんの口の中に入れて、歯や歯肉をマッサージするように汚れを落としていってください。
ガーゼを巻いた指を口の中に入れる前に、赤ちゃんの口の中を水で湿らせることを忘れないでください。
口の中に入れた指に力を入れる必要はありません。

ガーゼはそれほど厚く巻かなくて大丈夫です。また、ガーゼは糸くずが発生しやすいので、指に巻き付けるときは十分注意してください。

水だけで磨く

歯がすべて出そろわなくても、4~5本出てきた段階であれば歯ブラシを使っても大丈夫です。もちろん、乳児用の小さくて軟らかい毛の歯ブラシを使ってください。
このとき、水で磨けば十分です。
また、「磨く」といってもゴシゴシやる必要はなく、「食べカスを落とす」といった感じでやさしくブラッシングしてください。

2歳以降は歯磨き粉を使いましょう

2歳以降は歯磨き粉を使いましょう
2歳をすぎ、乳歯が10本生えそろったら、そろそろ歯磨き粉を使っても大丈夫です。
歯磨き粉は、必ず乳幼児用の「飲んでも大丈夫なもの」を選んでください。乳幼児用歯磨き粉は、ペースト状ではなく、より刺激が少ないジェル状のものが多いようです。

フッ素入りでも心配なし

「虫歯予防にフッ素が有効と聞いているけど、フッ素は体には良くないと聞いたことがある」と聞いたことがあると思いますが、乳幼児用歯磨き粉に入っているフッ素であれば、まったく問題ありません。
それでも気になるという方は、フッ素が含まれていない乳幼児用歯磨き粉もあります。

フッ素スプレーを塗ってあげて

歯磨き粉の話から外れてしまうのですが、フッ素スプレーも2歳ごろから使ってあげてください。赤ちゃん用のフッ素スプレーは、歯磨き粉に含まれるフッ素の量の10分の1にまで薄めてあるので、健康への心配はありません。
フッ素はやはり虫歯予防に効果的なのです。

1歳からという説もあります

歯磨き粉にまで神経が行き届く親御さんを持った赤ちゃんは幸せですね。歯のケアは子供の生涯に渡って影響するので、親御さんは十分ケアをしてあげてください。
歯磨き粉の使い始める時期については、1歳からでもよい、とする歯科医もいます。赤ちゃんの成長具合によっても、歯磨き粉を始めるベストタイミングは変わってきますので、かかりつけの歯科医に相談することをおすすめします。

オールオン4をしたら口臭がする?原因と対策は?

2018/05/05
投稿者:かまくら歯科

オールオン4は、わずか4本のインプラントで、上の歯すべて(または下の歯すべて)を人工歯にできるため、治療期間が短くなったり治療費が安くなったりするというメリットがあります。

しかし、「人工歯だから、オールオン4だから口臭が起きない」というわけではありません。
今回は、オールオン4を入れた後に生じる口臭の「5つの原因」と「2つの対策」をかまくら歯科がご紹介します。

原因1:ポケットに歯周病菌が繁殖する

原因1:ポケットに歯周病菌が繁殖する
口臭にはさまざまな原因があり、中には「口の中以外の病気」によっても口臭が起きることがあります。
しかし、それまで口臭がなかった人が、オールオン4の治療後に口臭が発生した場合、細菌が口の中で増えている可能性があります。

口の中の細菌には「悪さ」をしないものもありますが、恐いのは歯周病菌です。

「オールオン4は人工歯なのだから虫歯にならない。ならば歯周病になるはずがない」という理解は間違っています。
オールオン4を入れた人の歯にも、歯周病菌が発生する可能性があります。

オールオン4の治療後に手入れを怠ると、インプラントと歯茎の間に溝ができてしまいます。
その溝は次第に深く広くなり「ポケット」を形成し、そこが歯周病菌の巣になってしまうのです。
歯周病菌はいわゆる「毒ガス」を吐き出すため、それが口臭の原因になるということです。

原因2:インプラント周囲炎に進んでしまう

歯周病菌が繁殖すると、インプラントの周辺の歯茎が炎症を起こします。これをインプラント周囲炎といいます。
インプラント周囲炎は汚れが多い口の中に起きるので、「汚れによって口臭が生じている」=「インプラント周囲炎が発症している」ということが起きているかもしれません。

インプラント周囲炎が口臭の原因になることもありますし、口臭を引き起こしている何かがインプラント周囲炎を引き起こすこともあります。

原因3:歯周病が発症する

インプラント周囲炎は、歯周病に発展してしまう恐れがあります。
インプラント周囲炎にもかかわらず治療をせずにいると、口臭が強くなってきた頃には歯周病に進んでいるかもしれません。

また、歯周病菌が猛威を振るうと、出血したり膿を持ったりします。この膿が口の中に排出されると、異臭を発して口臭になるのです。

原因4:不十分な歯ブラシやお手入れ不足

原因4:不十分な歯ブラシやお手入れ不足
歯周病もインプラント周囲炎も、汚れた口が原因で起きます。
そういった意味では、不十分な歯ブラシやお手入れ不足が口臭の原因とみることもできるでしょう。
オールオン4のケアのための歯磨きは、通常の天然の歯のお手入れよりも入念に行わなくてはなりません。正しいブラッシングの方法については、この後、対策のところで詳しくご紹介します。

原因5:インプラントのちょっとした不具合

「オールオン4の治療をした歯科クリニックで教わったブラッシング方法を100%守っているのに口臭がする」という人は、オールオン4自体や、オールオン4を支えているインプラントに不具合があるかもしれません。

大きな不具合が生じればすぐに歯科クリニックにかかると思いますが、違和感が小さい場合、不具合に気がつかないこともあります。

しっかりブラッシングしているのに口臭が出てしまっている方は、オールオン4の小さな不具合のせいで、歯垢が溜まってしまっているのかもしれません。
ですから、まずは歯科クリニックに相談してみましょう。

対策1:徹底的な歯ブラシ

オールオン4の治療を受けた人の口臭対策その1は、徹底的な歯ブラシです。
もし、通常の歯ブラシしか使っていない場合は、ぜひワンタントブラシを購入してください。普通の歯ブラシは幅1センチ、長さ3センチほどありますが、ワンタントブラシは幅も長さも5ミリほどしかありません。毛の長さは通常の歯ブラシと同じです。

先が細いワンタントブラシは、ピンポイントで汚れを落としていきます。通常の歯ブラシでは届かない、人工歯と歯茎の間をこれでしっかり磨いていってください。

また、歯間ブラシやデンタルリンスも使ってみましょう。
歯間ブラシは、ワンタントブラシでも届かない場所の歯垢を落とすことができますし、デンタルリンスは液体なので、さらに奥の細菌を除去することができるからです。

オールオン4の日ごろのケアは簡単ではありませんが、こうした毎日の積み重ねが口臭予防につながります。

対策2:歯科クリニックで定期的なメンテナンスを受ける

対策2:歯科クリニックで定期的なメンテナンスを受ける
オールオン4の治療を受けた人は、定期的に歯科クリニックに行ってメンテナンスを受けてください。

メンテナンスのための通院頻度の目安は、
●オールオン4の治療後1年間は3~4カ月に1度
●2年目は1年に1度
です。

オールオン4の治療を受けたら、痛くなくても口臭がなくても、これくらいの頻度でメンテナンスを受けることが理想です。
そのため、口臭が出ているものの、最近はメンテナンスを受けていないという人は、すぐに歯科クリニックの受診を予約しましょう。

プロに任せることも大切です

オールオン4の治療後に口臭に悩む人は少なくないので、歯科クリニックでは様々な対策を講じています。また、自分で口臭の原因を特定するのは難しいですが、歯科医なら口の中の状態を見たり生活習慣やブラッシング方法を聞いたりすることで、原因を見つけてくれるでしょう。
原因さえ分かれば、後は歯科医の指示に従って対策に乗り出すだけです。

せっかくオールオン4という「素晴らしい歯」を手に入れたのですから、快適に使いたいですよね。口臭対策はすぐに取りかかりましょう。

1 / 212
ページの先頭へ戻る