かまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
日本人が歯を失う原因の第1位は、むし歯ではなく歯周病です。歯周病で歯を失わないためには、歯周病予防を正しい方法で行うこと、そして定期的にメインテナンスを受けていくことが大切です。

歯周病は静かに忍び寄ります

歯には自信があったのに、いつのまにか歯周病が進行していたというのはよくある話です。それはなぜかというと、歯周病というのはある程度進行するまで痛みのようなわかりやすい症状を出しにくいから。そこが虫歯と大きく違うところです。痛みがないからといって歯のケアを怠っていると、歯がグラグラしてきて次々に抜けてしまう・・なんてことも。歯周病はこのように静かに忍び寄ることから「サイレントディジーズ=静かなる病気」とも呼ばれています。

歯周病によって歯を失わないために

歯周病になってから治療するのでは遅い?! 歯周病予防をするためには、家庭で行うセルフケアと、歯医者での専門的なプロケア、両方のアプローチが必要です。

歯周病というのは、治療が必要な病気ですが、治療の後も定期的に状態が悪化しないようにケアを続けていく必要があります。これを怠ると再発を繰り返し、結局は悪化の一途をたどってしまいます。車が定期的にメインテナンスを受けなければ、大きな故障をしてしまうことがあるように、歯や歯茎もそれと同様、定期的に専門家に診てもらう、つまりメインテナンスをしてもらわなければ、元々が健康であったとしても、思いもよらぬトラブルを起こすことがあるのです。

ページの先頭へ戻る