松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
地域お役立ちコラム

高齢者の口腔内環境トラブルとそのリスク|松前町の「後期高齢者の歯科口腔健診」で状態チェック

投稿日: 2018/07/09
鎌倉聡
この記事を書いたのは…
院長・歯科医師 かまくら歯科

〈略歴〉
九州歯科大学卒業後、愛媛大学付属病院歯科口腔外科勤務、一般開業医勤務を経てかまくら歯科クリニックを開院。
その後、日本大学歯学部生理学講座にて博士号取得、日本歯周病学会認定医取得、ノーベルバイオケア社プランニング教室松山にて講師も務める。

正しく口腔内ケアができているかどうかで、口腔内環境の良し悪しが決まります。ケアが不十分であるために虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすい環境になると、虫歯や歯周病だけではなく、認知症や免疫力の低下など様々なトラブルのリスクが高まるといわれています。特に、高齢者は注意が必要です。まずは、松前町の「後期高齢者の歯科口腔健診」を受けて口腔内環境をチェックしましょう。ここでは、後期高齢者の歯科口腔健診の詳細や、高齢者が抱える口腔内トラブルについてご紹介します。

松前町の後期高齢者の歯科口腔健診とは?

松前町の後期高齢者の歯科口腔健診とは?
愛媛県松前町では、後期高齢者を対象とした歯科口腔健診が行われています。口の中の状態をチェックすることで、虫歯や歯周病の早期発見が可能です。また、日々の口腔内ケアを見直すきっかけにもなります。具体的に、対象となる条件や受診方法などをご紹介します。

対象者

愛媛県の後期高齢者医療の被保険者の方が対象です。75歳以上の方、または65~75歳未満かつ下記に該当しており、愛媛県後期高齢者医療広域連合の認定を受けている方が被保険者となります。

●障害年金1~2級
●身体障害者手帳1~3級
●重度判定の療育手帳

どれか1つでも満たしていれば対象となります。他にも対象となる条件があるため、詳しくは愛媛県後期高齢者医療広域連合にお問い合わせください。また、病院や診療所に入院して6ヶ月以上経過している方や、障害者支援施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、のぞみの園が設置した施設、介護保険施設へ入っている方は愛媛県の後期高齢者医療の被保険者にはなれません。

受診方法

後期高齢者の歯科口腔健診は、次の流れで受診します。

(1)愛媛県後期高齢者医療広域連合へ電話で申し込む
(2)受診表・質問紙・クーポン券が郵送される
(3)愛媛県内の登録医療機関へ申し込む
(4)受診する

医療費はどこから出ている?

後期高齢者の歯科口腔健診は無料で受けられます。ただし、1年に1回までとなっており、2回目以降は自己負担です。医療費は、1割の自己負担額を除いた金額のうち約5割が公費、残り約4割は後期高齢者支援金でまかなわれています。公費は、国や県、市町が負担するお金で、後期高齢者支援金は現役世代が納めている保険料です。

高齢者が抱える口腔内トラブルとは?

十分にケアをしないことで口腔内環境を悪化させてしまうと、繁殖した悪玉菌により体力や免疫力の低下を招く可能性があります。また、認知症の発症や転倒のリスク上昇にも関係があるとの意見もあるため、高齢者の口腔内ケアは欠かせません。

高齢者は、自浄作用を持つ唾液の分泌量が少ないため、若い方と比べて虫歯や歯周病のリスクが高いといわれています。そのため、より一層丁寧な口腔内ケアが必要となるのです。

高齢者の口腔ケアの方法

高齢者の口腔ケアの方法
愛媛インプラントクリニックかまくら歯科では、正しくブラッシングやうがい、口の中を拭き取るなどの口腔ケアをすることを推奨しております。次のように行いましょう。

ブラッシング

歯ブラシは、鉛筆と同じように持ってください。また、ブラッシングのときには入れ歯を外し、自分の歯だけを磨きます。次の4つのポイントを守って磨きましょう。

●歯ブラシを歯に当てる角度は90度
●1本ずつ丁寧に磨く
●歯ブラシが歯茎に当たっても痛くない力で磨く
●歯と歯の間や奥歯の溝など食べかすが残りやすいところを注意して磨く

できるだけストレスを与えないようにブラッシングしましょう。

うがい

高齢者に自らうがいをしてもらう必要があるため、正しい方法を教えましょう。うがいの流れは次のとおりです。

(1)口に水を含んで左右片方ずつブクブクします。
(2)歯と歯の間や上唇の内側などを洗い流すよう口を動かします
(3)隅々まで水を行き渡らせるよう口を全体的にブクブクさせます。

口の中に残った食べかすを取り除くように、うがいをしてもらいましょう。

口腔清拭

口腔清拭(こうくうせいしき)とは、身体を起こすことができない方やうがいができない方に対して行う口腔ケアです。指やスポンジなどにガーゼやウェットティッシュを巻き付けて、口腔内の汚れを拭き取ります。次のように行いましょう。

(1)上の歯と頬の間を奥から手前に向かって拭き取っていきます。このとき、奥まで入れすぎると痛むので、一気に入れないよう注意してください。
(2)上あごを奥から手前に向かって拭き取ります。少し力を入れてしっかり拭き取りましょう。
(3)下の歯と頬も奥から手前に向かって拭き取ります。

指やスポンジなどを奥に入れすぎると嘔吐反射が起こるため、最初は慎重に行った方がよいでしょう。

まとめ

高齢者の口腔ケアを怠ると、虫歯や歯周病だけではなく、認知症や転倒のリスクも高まる可能性があります。愛媛インプラントクリニックかまくら歯科では、高齢者の口腔ケアのサポートとして歯科医療を提供しております。まずは、松前町の後期高齢者の歯科口腔健診を受けて、現在の口腔内の状態をチェックしましょう。

ページの先頭へ戻る