松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
地域お役立ちコラム

松山市は5年連続で外国人観光客が増加!海外と日本の歯への意識差はいつなくなる?

2018/09/10
投稿者:かまくら歯科

愛媛県松山市は、5年連続で外国人観光客が増加しています。これは、松山市が魅力ある町として世界的に認識されてきた証と言えるかもしれません。海外といえば、暮らしや食など様々な文化に違いがみられます。実は、歯に対する意識も日本と海外では大きく異なるのです。ここでは、松山市の魅力や、海外と日本での歯に対する意識の違いなどについて詳しくご紹介します。

松山市の魅力とは?

松山市の魅力とは?
2012~2017年にかけて、松山市を訪れた外国人観光客の数が毎年増えていき、18年ぶりには600万人以上もの人が訪れました。

松山市には、次のような観光地があります。

道後温泉

日本最古の温泉ともいわれています。聖徳太子が利用したともいわれているなど、日本の歴史を語る中で度々その名を目にする温泉です。毎年多くの観光客が道後温泉で疲れを癒します。

松山の城下町

松山城が町の中心部に残っており、昔の城下町を想像させてくれます。このような、歴史を感じられるところが、外国人観光客にとって魅力に感じるのかもしれません。

絶品グルメ

松山市は、海と山に囲まれており温暖な気候となっています。そのため、新鮮な食材が手に入りやすく、山の幸や海の幸を使った絶品グルメを楽しめます。

海外と日本の歯並びへの意識の違い

海外と日本では、歯並びへの意識に大きな違いがあります。日本人は虫歯や歯周病にかかる頻度が高く、海外は低いとされています。海外の人は自分の歯を大切にする傾向があり、日々のケアを十分に行っているのです。なぜ、海外と日本では歯に対する意識が違うのでしょうか。その理由を詳しくご紹介します。

予防歯科が浸透していない

海外では、虫歯や歯周病などを未然に防ぐ予防歯科が浸透しています。それに対して日本には予防歯科が浸透しきっておらず、症状が現れたら歯科医院に行くという考え方が多いのです。海外は、トラブルを起こさないように歯科医院に通うため、虫歯や歯周病にかかる方が少なくなっています。

歯並びに対するイメージが異なる

日本人は、八重歯に対してよいイメージ持つケースがあります。八重歯がかわいらしいと感じ、取り外し可能な人工の八重歯が流行したこともあったほどです。それに対して海外では、八重歯は吸血鬼を連想させるということで、悪いイメージを持っているケースもあるのです。

歯列矯正に対するイメージが異なる

海外では、歯列矯正に対してポジティブなイメージを持っている方が多いとされています。それに対して日本では、ブラケットやワイヤーを着けたくないために治療を受けない方も多いのです。

健康保険の適用の有無

日本は、虫歯の治療を保険適用で受けられます。しかし、海外は全額負担となっていることが多いため、普段から虫歯を予防しておく必要があるのです。

歯並びが悪いことによる問題

歯並びが悪いと、見た目が悪いだけではなく、次のような問題も起こります。

虫歯や歯周病のリスクが高まる

歯並びが悪いと、歯と歯が重なっている部分やデコボコしている部分をうまく磨けず、虫歯や歯周病になりやすいといわれています。デンタルフロスや歯間ブラシを使う場合でも、歯並びが悪いと清掃効果が低下してしまうのです。

顎関節症のリスクが高まる

歯並びが悪いと、正しく食べ物を噛むことができなくなったり、顎の骨の一部に大きな負荷がかかったりします。その結果、顎関節症になることが少なくありません。咀嚼や発音に支障をきたすケースもあるため、歯並びを治して顎関節症を防ぐことはとても大切なのです。

全身に影響を及ぼすこともある

歯並びが悪いと噛み合わせにも問題が生じ、左右どちらかの顎に大きな負荷がかかります。そうなると、負荷がかかっている側の肩がこってしまったり、首周りの筋肉に疲労が溜まったりするようになるのです。

さらに、顎に負担がかかることで目に繋がる血管や神経を圧迫し、視力に問題を引き起こすこともあります。

美容目的でインプラントが使われていることがある

美容目的でインプラントが使われていることがある
インプラントは、歯を失ったところの歯茎を切開し、土台を挿入し、その上に人工の被せものを装着する治療法です。入れ歯とは違い、人工の歯をしっかり固定できます。一度治療すれば半永久的に安定して使えることがメリットです。

また、素材によっては白くきれいな歯にできるため、、美容目的でインプラントを入れる方が増えてきています。

まとめ

海外と日本では、歯の健康を守ることに対する意識が異なります。日本は虫歯を健康保険で治療できますが、海外では全額負担となるケースが多くなっています。健康保険で治療できるからといって虫歯になってから治療を受けると、進行度合いによっては神経を取るなどの処置が必要になります。自分の歯を守るためにも、歯の健康を守ることを意識づけることが大切です。愛媛インプラントクリニックかまくら歯科では、虫歯の治療や予防、矯正治療などを行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

ページの先頭へ戻る