松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
歯科コラム

その日のうちにインプラントが埋められる!「抜歯即時埋入」とは?

投稿日: 2018/09/05
鎌倉聡
この記事を書いたのは…
院長・歯科医師 鎌倉 聡

〈略歴〉
九州歯科大学卒業後、愛媛大学付属病院歯科口腔外科勤務、一般開業医勤務を経てかまくら歯科クリニックを開院。
その後、日本大学歯学部生理学講座にて博士号取得、日本歯周病学会認定医取得、ノーベルバイオケア社プランニング教室松山にて講師も務める。

今回紹介するインプラント治療の「抜歯即時埋入(ばっしそくじまいにゅう)」法は、特殊な状況で採用される治療法です。
事故などの強い衝撃で歯の根が折れてしまった場合、その歯の根を使った治療はできないので抜歯することになります。抜いた歯の代わりにインプラントを入れようとしたとき、これまでは抜けた歯を支えていた顎の骨が安定するまで2~6カ月ほど待たなければなりませんでした。
しかし歯科治療材料の進化により、抜歯したときに即時にインプラントを埋め入れることが可能になったのです。それが抜歯即時埋入法です。
従来の治療法のデメリットを解消しているため、メリットが大きい治療といえますが、患者さんの状態によっては適用できないこともあります。かまくら歯科と一緒に詳しく見ていきましょう。

通常のインプラント治療とはどこが違うのか

通常のインプラント治療とはどこが違うのか
事故などで歯の根が折れたケースではなく、通常の虫歯で天然の歯をインプラントに置き換える場合、顎の骨はしっかりしていることが多いので、すぐに顎の骨に穴を開けてインプラントを埋入させることができます。
しかし突如、歯を根ごと抜くと、当然ですが顎の骨にぽっかり穴が開いてしまいます。抜歯は歯と顎の骨を傷つける行為でもあるので不安定な状態になります。インプラントは顎の骨と結合することによって強度が出るので、これではせっかくインプラントを入れてもグラグラしてしまう可能性があります。
そのため、抜歯してから2~6カ月ほど時間を置き、顎の骨の傷が癒え安定するのを待つわけです。これが従来の治療法です。
しかし、ならばなぜ、抜歯即時埋入法によるインプラント治療が可能になったのでしょうか。

「融和性」が高いインプラントが開発されたから

抜歯即時埋入が可能になったのは、融和性(オステオインテグレーション)を高めたインプラントを開発できたからです。
融和性とは、顎の骨とインプラントの「相性」のことです。インプラントはチタンという金属でできていて、チタンは顎の骨と結合する性質を持っています。チタン以外のステンレスなどの金属だと、骨の細胞に受け入れられないのですが、チタンは細胞に受け入れられるのです。チタンを骨に埋めると「ピタっと」密着します。

しかしチタンにもいろいろな種類があり、「まあまあ骨と結合するチタン」と「ものすごくよく骨と結合するチタン」があることがわかりました。前者を疎水性のチタンといい、後者を親水性のチタンといいます。
親水性のチタンを開発したことで、インプラントと顎の骨の結合がより強まりました。これなら、まだ状態が安定していない抜歯後の顎の骨にも使えます。それで抜歯即時埋入という新しい治療が可能になったのです。
それでは次に、抜歯即時埋入によるインプラント治療のメリットをみていきましょう。

抜歯即時埋入によるインプラント治療のメリット

抜歯即時埋入によるインプラント治療のメリットは、従来の方法のデメリットを解消した点にあります。
従来の、抜歯から2~6カ月ほど期間を置く治療法は、治療期間が長期化するデメリットがありました。そして抜歯とインプラント埋入を別の日に行うことになるので、大きな手術を2回も受けなければならず、患者さんの負担が大きい短所もありました。
しかも、抜歯からインプラント埋入まで2~6カ月空けることで顎の骨がやせ細ってしまうこともあるのです。

抜歯即時埋入によるインプラント治療のメリットは次のとおりです。
●手術が1回で済むので患者さんの負担が小さい
●治療期間が短い
●よって治療費が安くなる
●抜歯直後は周辺の組織の治癒力が活性化しているので傷の治りが早くなる
●期間を置かないでインプラントを埋入するので顎の骨がやせ細るリスクを回避できる
●抜歯によってできた穴をすぐに塞ぐことができるので感染症のリスクが小さい

治療期間については、「従来型の治療は6カ月以上かかっていたが、抜歯即時埋入だと3~4カ月で済む」との研究結果も報告されています。

抜歯即時埋入によるインプラント治療を受けられない患者さんとは

抜歯即時埋入によるインプラント治療を受けられない患者さんとは
メリットが大きい抜歯即時埋入法ですが、治療対象から外れてしまう患者さんもいます。
まず抜歯したときにできる顎の骨の「穴」が想定以上に広く深くなってしまうと、さすがに固定が難しいのでそのままインプラントを入れることはできません。
また、抜歯による炎症がはなはだしいときも、抜歯即時埋入法をあきらめなければなりません。インプラントを埋入する刺激は決して小さくないので、炎症を悪化させてしまうからです。麻酔が覚めたとき、患者さんの痛みを大きくさせてしまうでしょう。
さらに、喫煙をしている方は、歯医者の判断でそもそも最初から抜歯即時埋入法を選択しない可能性があります。喫煙習慣は傷の治りを悪くさせるので、抜歯に続いてインプラントを入れることに耐えられない可能性があるからです。
また抜歯即時埋入に限らず、インプラント治療を受けるとき、禁煙を指導する歯医者も少なくありません。

まとめ~歯科医療の進歩を感じられる治療法

抜歯即時埋入は、従来の治療のデメリットを解消した治療です。歯科治療材料の進化と歯医者たちのたゆまぬ努力の結果生まれました。
ただまだどの歯医者でも扱える治療法ではないので、しっかり歯医者と相談のうえ、抜歯即時埋入を受けるかどうか決めてください。

ページの先頭へ戻る