松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
地域お役立ちコラム

肥満予防にひまわり油!メタボになると歯周病リスクも高まるってご存知ですか?

2018/09/24
投稿者:かまくら歯科

メタボリックシンドロームという言葉をご存知でしょうか。肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質代謝異常が組み合わさった状態のことを指します。メタボリックシンドロームでは、動脈硬化という病気が心配されるのですが、ひまわりの種から抽出されるひまわり油が動脈硬化のリスクを下げるといわれています。ひまわりと言えば、松山市には様々なところにひまわりが咲いています。今回は、松山市のひまわりに関する活動と、ひまわり油の動脈硬化に対する効果などについてご紹介します。

松山市のひまわり油にまつわる活動

松山市のひまわり油にまつわる活動
松山市では、ひまわりの種から油を抽出することを目的として、町の各所にひまわりを植えています。ひまわり油は食用油だけではなく、燃料などにも使用できるため、とてもエコなものです。また、ひまわりの見た目の美しさにより、松山市の美観形成にも役立っています。松山市にひまわりのイメージを定着させるための活動にもなっていると言えるでしょう。

ひまわり油は肥満による動脈硬化の予防に効果的

コレステロールには、余ったコレステロールを回収して肝臓へと戻す働きを持つ善玉コレステロールと、肝臓で生成されたコレストロールを全身へと運ぶ役割を持つ悪玉コレステロールがあります。

悪玉コレステロールが増えると、血管壁にへばりつき、血管を狭く硬くしてしまうのです。この状態を動脈硬化といい、心筋梗塞や脳梗塞の原因とされています。動脈硬化は、中性脂肪やコレステロールを摂りすぎる傾向がある肥満の方にみられることが多いといわれています。

ひまわり油には、悪玉コレステロールによる動脈硬化のリスクを抑える働きがあるといわれています。これは、オレイン酸とビタミンEが豊富に含まれているためです。

オレイン酸には、悪玉コレステロールだけを減らす働きがあります。そのため、動脈硬化の予防に役立つと考えられているのです。また、ビタミンEには、高い抗酸化作用があります。抗酸化とは、酸化を抑える働きのことです。動脈硬化には、悪玉コレステロールの酸化も関係しているため、ビタミンEによって酸化を抑えれば、動脈硬化のリスクも抑えられるというわけです。

肥満は歯周病に関係している?

肥満になると歯周病が悪化しやすくなるといわれています。内臓脂肪が過剰になる内臓脂肪型肥満では、炎症物質が増加します。これは、炎症が起きているところで増加するものであるため、すでに歯周病になっている場合は、歯周病の悪化を招くのです。

また、マウスを用いた実験では、肥満ではないマウスよりも肥満のマウスの方が歯周病の進行が早く、歯を支える骨も多く破壊されていたという実験結果があります。

肥満の方は歯周病になりやすい?

次の項目に当てはまる数が多ければ多いほどに、歯周病のリスクが高いといわれています。

●ウェストサイズが肥満の診断基準を満たしている
●高血糖
●高血圧
●善玉コレステロールが少ない
●中性脂肪が多い、

このように、肥満と歯周病は深く関係しているため、それぞれしっかり対処することが大切です。

肥満解消の食事の摂り方

肥満解消の食事の摂り方
肥満を解消するために、ひまわり油を食事に取り入れましょう。同時に、栄養バランスの優れた食事を規則正しく摂ることが大切です。それぞれ詳しくご紹介します。

ひまわり油を使う

ひまわり油が持つ動脈硬化のリスクを下げる働きを得るために、普段の食用油をひまわり油に変えるとよいでしょう。ただし、ひまわり油が油であることに変わりはないので、摂りすぎると脂肪が増えてしまいます。ひまわり油が身体にいいからといって、料理に使用したうえで、さらにひまわり油をかけて食べるといったことは避けましょう。

栄養バランスの優れた食事を摂る

肥満の方は摂取カロリー多く、消費カロリーが少なくなっています。そのため、標準体重に対して適切な摂取カロリーを摂ることが大切です。痩せたいからといって、ご飯を丸々抜いたり肉類を一切摂らなかったりすると、体調を崩してしまいます。

リバウンドのリスクも上がるため、栄養バランスの優れた食事を摂ることを心がけてください。また、1日3食、規則正しく摂りましょう。1回の食事でまとめて食べると、体重が増えてしまいます。

歯周病の治療法

歯周病は、歯垢が溜まることでリスクが高まります。そのため、歯磨きで歯垢をしっかり取り除けば、歯周病のリスクを減らせるのです。しかし、歯垢を放置すると歯石という硬い物質ができて、セルフケアでは対処できなくなります。

歯周病の治療では、歯垢と歯石を取り除くとともに、歯周病菌がだす毒素などで汚染された部分も除去します。歯がぐらついている場合は、歯科用の接着剤で隣の歯にくっつけるなど、そのときの症状に合わせて治療します。

まとめ

ひまわり油には、肥満の方に心配される動脈硬化のリスクを下げる働きがあるといわれています。ただし、ひまわり油ばかり摂っても肥満は改善しないため、食生活や運動などに注意して過ごすことが大切です。また、肥満は歯周病と深い関わりがあるため、どちらも早く解消させましょう。愛媛インプラントクリニックかまくら歯科では、歯周病の治療や予防のためのブラッシング指導などを行っておりますので、一度ご相談ください。

ページの先頭へ戻る