松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
診療科目

マウスピース矯正(インビザライン) よくある質問Q&A

マウスピース矯正(インビザライン) よくある質問Q&A

子供でもインビザラインはできますか?
はい、乳歯が全部抜けていれば可能です。
まだ乳歯が残っている場合にはインビザラインで治療を行うことはできませんが、11〜16歳くらいまでの若年層向けに開発されたインビザライン・ティーンなら、生えかけの永久歯がある状態でも矯正治療を行うことができます。
治療開始前のコンピューターによるシミュレーションにより、歯の大きさを予測してスペースを作るので、お子様の成長に合わせながら治療を進めていくことが可能です。
マウスピースをつけたまま飲食していいですか?
ご飲食はマウスピースを外して行なってください。
インビザラインでは、マウスピースを外してお食事をしていただきます。飲み物に関しては、水ならそのまま飲んでいただいても問題ありませんが、それ以外の飲み物は、歯とマウスピースとの間に入り込むと、色が目立ってしまったり、糖分を含むものの場合は、虫歯ができてしまうリスクがあるので、おすすめできません。
インビザラインの矯正では痛みが出ますか?
一般的にはワイヤー矯正に比べて痛みは少なくなります。
インビザラインのマウスピースは、素材がプラスチックで、歯にかかる力も他の矯正治療に比べて優しめなのが特徴です。1回のマウスピース交換で動かす歯の距離は0.25ミリと、歯にできるだけ負担がかからない仕様になっており、痛みを少なく、歯や歯の周囲組織にダメージが加わらない工夫がなされています。ただ、マウスピースを交換して最初の3日くらいは歯に圧迫感が出ます。ですが、次第にそのような感覚は消失していきます。
期間が延びてもいいので、夜だけの着用ではダメですか?
短時間しかつけられない場合にはおすすめできません。
インビザラインのマウスピースは、基本的にお食事と歯磨きの時以外はずっと装着していただきます。装着時間を十分に取れない場合、治療効果が現れない恐れがあるので、違う矯正方法をおすすめします。
詰め物や被せ物、差し歯があってもインビザラインは可能ですか?
はい、大丈夫です。
インビザラインは、詰め物や被せ物、差し歯の入っている歯でもきちんと歯が動かせるようになっています。
インビザラインは、矯正後の後戻りはありますか?
はい、他の矯正法と同様にありますが、リテーナーをつければ後戻りを防止できます。
どんな矯正方法であれ、歯を並べただけでは、その後に元の位置に戻ろうとする「後戻り」をしてしまいます。特に治療が終わった直後には動いてしまいやすいため、一定期間、後戻り防止のためにリテーナー(保定装置)と呼ばれる装置を夜間にだけつけていただきます。
インビザラインのマウスピースをつけると発音しにくくないですか?
最初は慣れない場合もありますが、次第に問題なくなります。
マウスピース矯正の場合、治療を始めたばかりの頃は発音しにくく感じられるかもしれません。でも、マウスピースは非常に薄くできているため、次第に慣れて問題なく発音できるようになってきます。
虫歯、歯周病があってもインビザラインは可能ですか?
通常、インビザラインで矯正を行う前に、虫歯や歯周病の治療を行います。
虫歯や歯周病がある場合には、矯正治療に先立って、まずそちらをしっかりと治療しておく必要があります。もしインビザラインの治療を始めてから虫歯や歯周病が見つかった場合、その都度治療は可能ですが、詰め物をする際に歯の形が変わらないようにするか、もしくは被せ物をしなければならない場合においては、応急処置をして、矯正治療後に最終的な被せ物治療を行うこともあります。インビザラインは、マウスピースを外して歯磨きができるので、虫歯や歯周病になりにくいのが利点ですが、しっかり歯磨きをせずにマウスピースを装着すると、逆に虫歯や歯周病のリスクを高めますので、歯磨きは丁寧に行いましょう。
分割払いはできますか?
はい、できます。
インビザラインは保険外治療となりますので、保険治療と比べて治療費が多くかかってしまいます。分割払いも受け付けておりますので、詳しくはお尋ねください。
インビザラインは保険がききますか?
他の矯正治療同様、保険はききません。
矯正治療は一般的に保険がききませんので、自費になります。ただし、医療費控除の対象になりますので、確定申告をしていただければご負担が軽くなります。ぜひご活用ください。
旅行に行くので、マウスピースを数日外しておきたいんですが、大丈夫ですか?
旅行中もマウスピースは通常通り装着しておきましょう。
「旅行の時くらい外しておきたい」、というお気持ちもよくわかりますが、数日外したままだと、せっかく動いた歯が後戻りしてしまう可能性があり、マウスピースが合わなくなることもあります。しっかりと治療効果を出すためには1日に20時間以上マウスピースを装着するようにしましょう。
ページの先頭へ戻る