松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
床矯正の基礎知識

床矯正って何?

床矯正とは

床矯正は「しょうきょうせい」と読みます。意外と知られてないのですが一般的な矯正治療は歯列を整える為のスペースを作るために歯(永久歯)を抜きます。床矯正治療は歯を抜かず「顎を広げて」歯を並べる治療法です。

床矯正と抜歯矯正の違い

治療比較イラスト

上顎用の床装置

上顎用の床装置

下顎用の床装置

下顎用の床装置

治療には写真のようなマウスピースにネジの付いた装置を使用します。このネジを回転させることにより少しずつ顎を拡げ、歯を正しい位置に移動します。
床矯正では、使用する装置は簡単に取り外すことが出来ます。これは床矯正ならではの利点であり、食事や発音障害を生じる場合(国語や英語の授業、勤務に支障がある場合など)は取り外します。装着時間が多いほど治療は早く終了しますが、1日に14時間以上装着していれば治療は可能です。

床矯正のメリットとデメリット

顎の成長を利用した矯正治療「床矯正」。ブラケットとワイヤーを用いた従来の矯正治療とは異なり、入れ歯に似た取り外し可能な装置を使用します。
従来の方法とは異なる矯正治療を受ける際には、本当に矯正できるのか、デメリットはないかなど様々なことが気になりますよね。そこで今回は、床矯正のメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

床矯正のメリット

床矯正には、次のようなメリットがあります。

虫歯になりにくい

ブラケットとワイヤーなどは、自分で取り外すことができません。矯正装置がついているために、歯磨きがしにくく食べかすや歯垢が溜まりやすいという問題があります。そのため、矯正治療中に虫歯になることもあるのです。
床矯正であれば、自分で取り外しができるため、普段通りに歯磨きができます。したがって、矯正装置を歯に直接装着する方法と比べて虫歯になりにくいと言えるでしょう。

好きなものを食べられる

好きなものを食べられる

歯に矯正装置を固定する方法では、固いものや粘着性のある食べ物を避ける必要があります。栄養が偏る原因にもなるため、保護者としてはメニューを考えるのに苦労することでしょう。床矯正は取り外しが可能であるため、好きなものを食べられます。

床矯正のデメリット

床矯正は、歯に矯正装置を固定する方法と比べて様々な点が優れています。しかし、デメリットもあるため、よく考えて選ぶことが大切です。どのようなデメリットがあるのか、詳しくみていきましょう。

後戻りすることがある

床矯正は顎の成長を利用した矯正方法ですが、矯正治療後に装置を取り外すと、後戻りする可能性があります。これは、顎の成長に口周りの筋肉の使い方や生活習慣などが関係しているためです。また、矯正装置を頻繁に外してしまい、治療期間が長引くことも予想できます。

適用できるタイミングが限られている

適用できるタイミングが限られている

床矯正は、前歯4本が永久歯に生えそろわなければ適用できません。また、歯が全体的に永久歯へと生え変わっていると、床矯正を適用できない可能性があります。そのため、床矯正を検討している場合は、早い段階で歯科医師に相談して、適切なタイミングの指示を受けておくことが大切です。

歯ぎしりがあると破損する可能性がある

歯ぎしりがあると破損する可能性がある

歯ぎしりによって矯正装置に大きな負担がかかり、早い段階で壊れてしまう可能性があります。矯正のためには、矯正装置を所定の時間だけ装着する必要がありますが、歯ぎしりについて医師に相談しておくことで、何らかの対策を講じてもらえるかもしれません。

床矯正は子供だけでなく、大人でもできるか?

床矯正は、主に子供に適用される矯正治療です。顎の成長を利用して歯並びを整えていきます。顎の成長を利用するということは、顎が成長し終わった大人には床矯正を適用できないと考えるのが自然でしょう。ここでは、実際のところ床矯正は大人に適用できるのかどうかご紹介します。

大人にも床矯正を適用できる

大人にも床矯正を適用できる

床矯正は、大人にも適用できます。床を広げることで歯が生えるスペースを広げ、自然な歯並びへと整えていきます。床矯正は、歯をできるだけ抜かずに行えるため、ブラケット矯正やマウスピース矯正よりも床矯正を受けたいという方は多いのではないでしょうか。全ての歯科医院で床矯正を行っているわけではないので、大人に床矯正を適用できる歯科医院を受診しましょう。

治療期間は顎の発達状況で変わる

治療期間は顎の発達状況で変わる

床矯正の治療期間は、顎がどれぐらい発達しているかで変わります。まずは、歯科医院で診察を受けましょう。ちなみに、床矯正の矯正装置は、1日に12~14時間はつけておかなければならないといわれています。取り外しが可能でも、半日以上もの間つけておくことを苦痛に感じる方もいるかもしれません。治療期間を踏まえて、床矯正を受けるかどうか決めましょう。

床矯正の注意点!失敗例と原因

床矯正には、虫歯になりにくいことや歯を極力抜かずに矯正できることなど様々なメリットがあります。しかし、床矯正に失敗したという声もあるため、簡単には選ばないことが大切です。失敗例や失敗の原因について確認しておきましょう。ここでは、床矯正の失敗例とその原因、注意点などについて詳しくご紹介します

床矯正の失敗例

歯並びがきれいにならない

矯正治療は、必ずしも理想通りの歯並びになるとは限りません。歯並びがきれいにならない可能性もあります。

後戻り

床矯正の治療後に矯正装置をつけなくなると、後戻りする場合があります。これは、他の矯正治療にも同じことが言えます。

出っ歯

床矯正の影響で、口元が飛び出してしまう場合があります。そうなると、前歯の矯正治療が必要となってしまいます。

失敗の原因

失敗の原因
未熟な医師による矯正を受けると、失敗のリスクが上がります。しかし、ここで挙げた失敗例は矯正治療の限界とも言えることなので、熟練の医師の治療を受けたからといって、理想通りの結果になるとは言い切れません。

医師に相談したうえで決めよう

医師に相談したうえで決めよう
床矯正は、取り外しが可能なことにより、食事や歯磨きに影響を及ぼさない矯正治療です。しかし、歯ぎしりがあると壊れてしまうリスクもあります。また、失敗するケースもあるため、医師に相談したうえで、十分に検討することが大切です。

ページの先頭へ戻る