松山 伊予市近郊 松前町で歯医者・インプラントをお探しならかまくら歯科まで

お問い合わせ
診察・相談のご予約
診療時間9時〜17時、木曜・土曜も診療
  • tel:0899840002
  • 24時間受付WEB予約
歯科コラム

オールオン4をしたら口臭がする?原因と対策は?

投稿日: 2018/05/05
鎌倉聡
この記事を書いたのは…
院長・歯科医師 鎌倉 聡

〈略歴〉
九州歯科大学卒業後、愛媛大学付属病院歯科口腔外科勤務、一般開業医勤務を経てかまくら歯科クリニックを開院。
その後、日本大学歯学部生理学講座にて博士号取得、日本歯周病学会認定医取得、ノーベルバイオケア社プランニング教室松山にて講師も務める。

オールオン4は、わずか4本のインプラントで、上の歯すべて(または下の歯すべて)を人工歯にできるため、治療期間が短くなったり治療費が安くなったりするというメリットがあります。

しかし、「人工歯だから、オールオン4だから口臭が起きない」というわけではありません。
今回は、オールオン4を入れた後に生じる口臭の「5つの原因」と「2つの対策」をかまくら歯科がご紹介します。

原因1:ポケットに歯周病菌が繁殖する

原因1:ポケットに歯周病菌が繁殖する
口臭にはさまざまな原因があり、中には「口の中以外の病気」によっても口臭が起きることがあります。
しかし、それまで口臭がなかった人が、オールオン4の治療後に口臭が発生した場合、細菌が口の中で増えている可能性があります。

口の中の細菌には「悪さ」をしないものもありますが、恐いのは歯周病菌です。

「オールオン4は人工歯なのだから虫歯にならない。ならば歯周病になるはずがない」という理解は間違っています。
オールオン4を入れた人の歯にも、歯周病菌が発生する可能性があります。

オールオン4の治療後に手入れを怠ると、インプラントと歯茎の間に溝ができてしまいます。
その溝は次第に深く広くなり「ポケット」を形成し、そこが歯周病菌の巣になってしまうのです。
歯周病菌はいわゆる「毒ガス」を吐き出すため、それが口臭の原因になるということです。

原因2:インプラント周囲炎に進んでしまう

歯周病菌が繁殖すると、インプラントの周辺の歯茎が炎症を起こします。これをインプラント周囲炎といいます。
インプラント周囲炎は汚れが多い口の中に起きるので、「汚れによって口臭が生じている」=「インプラント周囲炎が発症している」ということが起きているかもしれません。

インプラント周囲炎が口臭の原因になることもありますし、口臭を引き起こしている何かがインプラント周囲炎を引き起こすこともあります。

原因3:歯周病が発症する

インプラント周囲炎は、歯周病に発展してしまう恐れがあります。
インプラント周囲炎にもかかわらず治療をせずにいると、口臭が強くなってきた頃には歯周病に進んでいるかもしれません。

また、歯周病菌が猛威を振るうと、出血したり膿を持ったりします。この膿が口の中に排出されると、異臭を発して口臭になるのです。

原因4:不十分な歯ブラシやお手入れ不足

原因4:不十分な歯ブラシやお手入れ不足
歯周病もインプラント周囲炎も、汚れた口が原因で起きます。
そういった意味では、不十分な歯ブラシやお手入れ不足が口臭の原因とみることもできるでしょう。
オールオン4のケアのための歯磨きは、通常の天然の歯のお手入れよりも入念に行わなくてはなりません。正しいブラッシングの方法については、この後、対策のところで詳しくご紹介します。

原因5:インプラントのちょっとした不具合

「オールオン4の治療をした歯科クリニックで教わったブラッシング方法を100%守っているのに口臭がする」という人は、オールオン4自体や、オールオン4を支えているインプラントに不具合があるかもしれません。

大きな不具合が生じればすぐに歯科クリニックにかかると思いますが、違和感が小さい場合、不具合に気がつかないこともあります。

しっかりブラッシングしているのに口臭が出てしまっている方は、オールオン4の小さな不具合のせいで、歯垢が溜まってしまっているのかもしれません。
ですから、まずは歯科クリニックに相談してみましょう。

対策1:徹底的な歯ブラシ

オールオン4の治療を受けた人の口臭対策その1は、徹底的な歯ブラシです。
もし、通常の歯ブラシしか使っていない場合は、ぜひワンタントブラシを購入してください。普通の歯ブラシは幅1センチ、長さ3センチほどありますが、ワンタントブラシは幅も長さも5ミリほどしかありません。毛の長さは通常の歯ブラシと同じです。

先が細いワンタントブラシは、ピンポイントで汚れを落としていきます。通常の歯ブラシでは届かない、人工歯と歯茎の間をこれでしっかり磨いていってください。

また、歯間ブラシやデンタルリンスも使ってみましょう。
歯間ブラシは、ワンタントブラシでも届かない場所の歯垢を落とすことができますし、デンタルリンスは液体なので、さらに奥の細菌を除去することができるからです。

オールオン4の日ごろのケアは簡単ではありませんが、こうした毎日の積み重ねが口臭予防につながります。

対策2:歯科クリニックで定期的なメンテナンスを受ける

対策2:歯科クリニックで定期的なメンテナンスを受ける
オールオン4の治療を受けた人は、定期的に歯科クリニックに行ってメンテナンスを受けてください。

メンテナンスのための通院頻度の目安は、
●オールオン4の治療後1年間は3~4カ月に1度
●2年目は1年に1度
です。

オールオン4の治療を受けたら、痛くなくても口臭がなくても、これくらいの頻度でメンテナンスを受けることが理想です。
そのため、口臭が出ているものの、最近はメンテナンスを受けていないという人は、すぐに歯科クリニックの受診を予約しましょう。

プロに任せることも大切です

オールオン4の治療後に口臭に悩む人は少なくないので、歯科クリニックでは様々な対策を講じています。また、自分で口臭の原因を特定するのは難しいですが、歯科医なら口の中の状態を見たり生活習慣やブラッシング方法を聞いたりすることで、原因を見つけてくれるでしょう。
原因さえ分かれば、後は歯科医の指示に従って対策に乗り出すだけです。

せっかくオールオン4という「素晴らしい歯」を手に入れたのですから、快適に使いたいですよね。口臭対策はすぐに取りかかりましょう。

ページの先頭へ戻る